無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ポイントはたったの4つ♡「ひとつ結び」がおしゃれに見えるコツ教えます!

ヘアスタイル

おしゃれに見える「ひとつ結び」って?

ダサくなりがちな「ひとつ結び」は、4つのポイントをおさえることで、グッとおしゃれなワンランク上の「ひとつ結び」になります。さっそくそのポイントをご紹介します。

おしゃれに見える「ひとつ結び」のコツ4つ

コツ① ベースの髪を巻く

「ひとつ結び」をするときは、ベースの髪を巻くことが大事。表面をしっかり巻くと、結んだときトップに立体感が出ておしゃれに見えます。ダウンスタイルのときとは巻き方が違うので、動画でチェックしてみましょう。

♡ボブヘアのベースの巻き方

①ヘアオイルをつけます。
②表面の髪を仮留めしておき、残りの髪の毛先を内と外のミックス巻きにします。
③表面の髪を根元から外巻きにします。
④バーム系のスタイリング剤を手ぐしを通すようにつけたらベース完了です。

♡ロングヘアのベースの巻き方

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

①毛先を内にワンカールさせます。
②真ん中で2つに分けます。
③(②)をそれぞれさらに3つに分けます。
④(③)を顔まわりから順に内・外・内の縦巻きにします。
⑤表面を所々、根本まで強く巻いたらベース完了です。

コツ② 後れ毛を出す

hair.cm

「ひとつ結び」はきっちり結ばず、あえて後れ毛を出し、ルーズに仕上げることでこなれ感のある「ひとつ結び」になります。さらに、後れ毛を出すと小顔効果もあります。色気もプラスしてくれるのでヘアアレンジには欠かせません。

♡後れ毛を出すのは3か所

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

①後れ毛を3か所(前髪横、もみあげ、襟足)それぞれひとつまみ程度出します。
②襟足は角度を下げて外巻きにします。(巻き過ぎ注意)
③もみあげは角度を下げて内巻きにします。
④前髪横は角度を上げて内巻きにします。
⑤ワックスを根元からしっかりつけて完了です。

記事に関するお問い合わせ