無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まるで小さな街!「ヒビヤセントラルマーケット」がミッドタウン日比谷にオープン

クリエイティブディレクター南貴之さんと老舗書店の「有隣堂」による複合型店舗「HIBIYA CENTRAL MARKET(ヒビヤセントラルマーケット)」。2018年3月29日、東京ミッドタウン日比谷にオープンしました!

macaroni_press

旅行・おでかけ

誰もが居場所を見つけられる!

「HIBIYA CENTRAL MARKET(ヒビヤセントラルマーケット)」は、クリエイティブディレクター南貴之さんと老舗書店の「有隣堂」が出会って生まれた、小さな街のような複合型店舗。

食事や酒、本や衣服などが揃えられ、誰もが郷愁や親近感を抱き、居場所を見つけられるような創りになっています。2018年3月29日に開業した「東京ミッドタウン日比谷」3階にオープンしました。

目的なしでも楽しめる、9つの店舗

「HIBIYA CENTRAL MARKET」内には様々なカテゴリーの9つの店舗が軒を連ね、“目的がなくてもいられる居場所”となっています。

Library

「HIBIYA CENTRAL MARKET」の象徴であり、本と現実世界がリンクする広がりのある場所となるのは「Library」。本棚の壁に囲まれた内側は、海外のバザールのように、世界中の洋服や雑貨、ヨーロッパで集めたアノニマスなヴィンテージが並びます。什器であり商品でもあるヴィンテージの家具は売れるたびに入れ替わり、店の様子も変化していきます。

Graphpaper

ギャラリーともセレクトショップともつかないユニークなプレゼンテーションを行う「Graphpaper」。アドバイザーの二村毅氏と共に選び抜いたクオリティの高いものに加え、日比谷という立地ならではのアイテムも取り扱います。

コーヒー片手に楽しめるスペース

熊本のスペシャリティコーヒー「AND COFFEE ROASTERS」、「有隣堂」、架空の運送会社をイメージしたモバイル型コンセプトストア「FreshService」では、ハンドドリップによるスペシャリティコーヒーを楽しみながら手に取れる、駅のキオスクのようなデイリーユースなマガジン、日用品、お土産が揃います。

一角

「MAISON CINQUANTE-CINQ」などを手掛ける丸山智博氏による「一角」。唐揚げにハイボール、蕎麦といった肩の力を抜いて食事と酒を楽しめます。

フレンチのエッセンスも少し加え、日本酒はもちろんワインやクラフトジンにも合うメニューを味わうことができるお店です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ