無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[実験]“メイクが付きにくい”マスクってどこまでつかないの? 試しました!

メイク

ブランドの新製品情報、高いけど長年人気のあの定番アイテム、SNSで話題の美容法など、世の中には気になる美容情報が次々とたくさん出てきますよね。

でもすべてをチェックするのは到底ムリ……。お悩みではありませんか。

そこで、 「マスクメイク」「スキンケア」「コスメ」「エイジングケア」「ボディケア」など、みなさんが「知りたい」と思うような情報を、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ雑誌の『LDK the Beauty』が、キレイを求めて、プロと一緒に体当たり実験調査。

今回は「メイクがつきにくいマスク」についてご紹介します。

マスク生活になって約1年。せっかくのメイクが落ちてドロドロになってしまったり、肌荒れしたりといろいろなトラブルに見舞われた人も多かったのではないでしょうか?

そんなマスク時代に朗報をもたらしたのが、メイクがつきにくいタイプのマスクです。国内外から登場しており、注目度がアップしています。

編集部がリキッドファンデを使ったフルメイクで1日装着。どれだけつきにくいのかなどを検証しました。

その結果をアイテムごとにご紹介します。

ビースタイル
立体タイプ ふつうサイズ
実勢価格:1187円(5枚入)
※Amazonは2個セットの販売ページです。

▼評価
ファンデ汚れ:◎+
リップ汚れ:◎
肌触り:◎+
呼吸のしやすさ:○

ビースタイル「立体タイプ ふつうサイズ」は、鼻周りがピタッと密着するも、ほかにない内側のやわらかな肌触りの素材のおかげで、ファンデ汚れやリップの色落ちが気にならず優秀でした!

マスクの裏側の布の肌触りがやわらかで、肌が弱い人でも安心してつけられそうです。

AirQUEEN
ナノマスク
実勢価格:990円(3枚入)

▼評価
ファンデ汚れ:△
リップ汚れ:◎
肌触り:△
呼吸のしやすさ:◎+

AirQUEEN「ナノマスク」は、鼻とアゴを支える部分が別仕立てになった超立体構造マスク。呼吸がバツグンにしやすいです。メイクは特にリップはつきにくく合格点でした。

鼻やアゴ周りはどうしてもファンデがつきがちに……。鼻部分は表からも汚れが透けて見えました。

せっかくのメイクもマスクにベタッとつくと残念だし汚い! これを払拭してくれるマスクは、ビースタイル「立体タイプ ふつうサイズ」でした。

コットンのようなやさしい肌触りで1日安心して付けられます。マスクで悩んでいる方は試してみてください。

以上、“メイクがつきにくい”マスクのご紹介でした。

ちなみに、「Beauty実験室2021」を掲載している『LDK the Beauty』2021年2月号は、こちらで読むことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ