無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家にまつわる夢を見る理由

占い

代表的な夢1「家を売買する夢」の意味と暗示

家を売買する夢は、あなたの人生において今後重要な出来事が起こることを意味しています。

例えば、就職、結婚、妊娠出産など、あなたにとって転機となる出来事が起こると言えるでしょう。

また、その家がどのような状態だったかによっても意味が異なります。そこで、次に購入した家の状態別に意味を紹介していきます。

(1)新築を建てる・購入する夢は「新たな可能性」

新築を購入する夢は、新たな可能性が見つかる暗示となります。多くの人と出会う、いろんなことにチャレンジすると、ますますあなたの可能性が広がることでしょう。ぜひ、この機会に興味のあることにどんどんチャレンジしてください。

(2)大きな家を買う夢は「運気良好」

大きな家を買う夢は、あなたの体調が良好である、また環境、運気が好調であることを意味する大吉夢です。

特に家が大きければ大きいほど、心身共に健康で、いい運気であることを意味します。この夢を見た時は気力体力ともに充実しているので、いろいろなことにチャレンジするといい成果が得られるでしょう。

(3)家を改築・増築・リフォームする夢は「環境の変化」

家を改築、増築、リフォームする夢は、現状を改善したいと考えている心理を意味しています。また、この夢を見た時は実際に取り巻く環境にいい意味で変化が訪れています。

頑張りたいことは、この機会に積極的に行動していきましょう。成果が出やすい時期なので、頑張るほど新たな可能性が広がります。

(4)家を売る夢は「状況の変化」

家を売る、売却する夢は、現在の状況が逆転するという意味があります。そのため、この夢はあなたの今の状況によって意味が異なります。例えば、あなたが現在幸せならば、今後運気が低下する可能性があるので、いつも以上に慎重に行動しましょう。

逆に、失恋直後などつらい状態ならば、今後は状況が好転していく吉夢です。物事がうまくいきやすい時期に突入するので、この機会に勉強や趣味に励んでください。頑張るほど、あなた自身の価値が高まり、どんどんいい運気を得られるようになるでしょう。

(5)家をもらう夢は「必要とされる」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ