無料の会員登録をすると
お気に入りができます

落ち込む必要ありません!彼からの「距離を置こう」に隠された5つの真実

お付き合いをしている彼から、突然「距離を置こう」と言われたら、ショックを受けますよね。マイナスに考えて、自分を責めてしまう人も。今回は、悪いことばかりじゃない!「距離を置こう」を前向きにとらえるコツや男性の本音をご紹介します。

2018年6月
恋愛・結婚

「距離を置く」って、どういうこと?

Photo by Anthony Tran / Unsplash

恋愛ドラマや漫画、または実際の恋愛でも女性が言われると混乱する言葉として知られているのが「距離を置こう」という一言。最近まで、ずっといい関係だったし、うまくいっていると思っていたのに何で?と思いますよね。

Photo by Courtney Clayton / Unsplash

でも落ち込まないで!今回は、「距離を置こう」という言葉に隠された本当の意味や、前向きにとらえるコツをご紹介します。

①恋愛に集中出来ない

www.pexels.com

仕事もプライベートも大事にしたいからこそ、とりあえず大変な方を先に片づけてしまおうと考える人は、一旦恋愛をお休みして、他のことに集中しようとすることも。

www.pexels.com

2人で会う時間なかったり、自分のための時間すらない状況だと、お互いにストレスも溜まりやすくなりますし、何より相手自身も恋愛に集中出来なくなってしまいます。そんな時は、そっと見守るのがベター。

②バランスを取りたい

www.pexels.com

仕事も恋愛も大事にしたいからこそ、上手くバランスを取ろうとする人も多いですよね。でも、全ての人が同時期に2〜3個違うことをこなす「マルチタスク」が出来るわけではありません。

www.pexels.com

恋愛も仕事も一生懸命頑張りたい人こそ、バランスを取るために自分を犠牲にしてしまいがち。そうなってしまう前に、一旦今のペースをリセットするために「距離を置く」のであって、嫌いになったからではないのかもしれません。

③ケンカばかりで疲れた

www.pexels.com

お互いが忙しすぎて会う時間が極端に少なくなってしまったり、約束もドタキャンしてしまうようなことが続くと、お互いにストレスが溜まって、せっかく会えてもモヤモヤが爆発してケンカに繋がりますよね。

www.pexels.com

そんなケンカばかりが続いてしまうと、もう連絡するのも嫌になってしまったり、会うことも憂鬱になってしまう人も。特に大ゲンカをした後ほど、お互いに一旦落ち着くためにも冷却期間を置くのがベストかも。

記事に関するお問い合わせ