無料の会員登録をすると
お気に入りができます

かかとのガサガサを確実に治す方法!ストッキングの伝線から卒業しよう!

美容

多くの女性を悩ませる「かかとのガサガサ」。ストッキングをはくときにかかとが引っ掛かり、伝線や穴を開けてしまった…なんて経験をした人も多いのではないでしょうか。

かかとのガサガサは、自宅できちんとケアすれば確実に治せます。しかし、自分なりにケアしてみたけれど、なかなか改善しなくて諦めたという人も中にはいます。

そこで本記事では、かかとのガサガサの治し方について説明します。かかとのガサガサは「負担の少ない角質ケア」「クリームによる保湿」「足のマッサージ」の3つで改善しましょう。

かかとのガサガサについて

bybirth.jp

かかとのガサガサとは、一体皮ふに何が起こっている状態なのでしょうか。ここでは、かかとのガサガサの「正体」と「起こる原因」について説明します。

かかとのガサガサの正体

かかとのガサガサの正体は、古い角質の蓄積です。

かかとは、体の中でも末端にある部位で血流が滞りやすいため、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが遅れがちです。すると、古い角質が剥がれ落ちず長期間蓄積していき、皮ふは分厚くなって硬くなります。

また、長く蓄積された古い角質は水分が抜けて弾力がないため、かかとの皮ふはますます硬くなってガサガサになり、ひび割れなどを引き起こしてしまうのです。

かかとのガサガサが起こる原因

かかとのガサガサが起こる原因は次の3つが考えられます。

ターンオーバーの乱れ

前述の通り、かかとはターンオーバーが乱れやすい部位です。ターンオーバーが乱れると、古い角質が溜まりかかとが硬くなります。

ターンオーバーが乱れる理由は、体の末端で血流が悪くなりやすいからだけでなく、加齢や活性酸素の発生などによっても起こります。

肌の乾燥

かかとには皮脂腺がないため、肌表面に油膜を張れず水分が蒸発します。すると、角質のうるおいが不足して、硬くなりガサガサの原因となります。

過剰な刺激

皮ふには、外から刺激を受けると身を守るために角質を硬く分厚くする働きがあります。とくに、かかとは、歩行時に負荷がかかるため、角質が厚くなりやすいといえます。

ヒールや足に合わない靴を履くと、さらにかかとに負荷がかかり、ガサつきがひどくなる原因となるため注意が必要です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ