無料の会員登録をすると
お気に入りができます

天津飯の基本レシピ・作り方!お料理ビギナーでもOK

レシピ

簡単ふわとろ♪ 基本の天津飯レシピ

材料はなんと卵とごはん、調味料もシンプルなものしか使いません!料理初心者でも、調理時間もわずか5分から10分もあれば作れちゃいますよ♪

お味は甘酸っぱいタレが効いていて、上の卵はふわふわ。酢が苦手な人は分量を減らしたり、お好みに合わせて調節してみてくださいね。

材料(1人分)

・ごはん 1人前
・卵 1個
・サラダ油 小さじ1

【タレの材料】
・お酢 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・醤油 小さじ2
・片栗粉 小さじ1
・水 100ml

作り方

タレの材料を、入れる順番なんて気にせず豪快に混ぜましょう!最初は片栗粉が浮いていますが、しばらくしたら馴染むので大丈夫。粉っぽさが消えるまで混ぜ合わせたら、次の工程に移りましょう。

火の付いていないフライパンに、1で混ぜ合わせた天津飯のタレを全て投入!片栗粉が底に沈殿しやすいので、さいばしでひたすら混ぜながら加熱していきましょう。

この時に一気に強火で加熱するのはNGです。一部だけ固まったりゼリー状になったりと、よくある失敗に繋がりますよ。中火くらいでのんびりと、とろみの様子を見ながら加熱をしていきましょう。

火が通ってくると、タレの水面がふつふつとしてきます。見た目は表面が照るように光り、さいばしで混ぜている時も重たい感じになりますよ。均等にとろみがついたなら、天津飯のタレが完成です!

天津飯の上にかかっている卵を作りましょう。まずは油をひいたフライパンに、溶き卵をいれます。手前に引き寄せるように集めながら、半熟スクランブルエッグの要領で作るといいですよ。

ごはんの上にとろとろの卵を広げて、甘酸っぱいタレの順番でかけたら、お手軽天津飯の完成です!

作るときのコツ

卵や片栗粉は一気に火を通すと、すぐに固まってしまいます。調節をしやすいように、料理初心者なら弱火から中火の状態がおすすめ。ゆっくりと慌てずに、作っていきましょう。

卵をふわふわにするコツは、薄焼き卵にするのではなく、"半熟スクランブルエッグ"を作るイメージが大切。ごはんの上に乗せてから広げていくと、とろふわな天津飯ができますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ