無料の会員登録をすると
お気に入りができます

姿勢を正して憧れの“S字ボディ”へ[くびれ&美胸作り]に効く簡単習慣

美容

“猫背”の姿勢がクセ付いている方は少なくないと思いますが、猫背は肩のコリや背中の疲労感といった影響を与えるだけでなく、実はお腹のくびれを失う原因や老け胸の原因にもなると言われています。つまり、オンナらしい憧れの“S字ボディ”を作るためには姿勢を正すことが大事なステップなのです。そこで習慣に採り入れたいのがピラティスの簡単エクササイズ【広背筋ストレッチ】になります。

【広背筋ストレッチ】

普段の生活では伸ばしにくい背中の大きな筋肉「広背筋」をほぐす【広背筋ストレッチ】は姿勢を正す効果を期待できます。また、姿勢を正すことで肩が後ろにいって「僧帽筋」の緊張を抑えるので、肩のコリの予防にも効果的です。

(1)あぐらの姿勢で座って両腕を真っ直ぐ上げ、頭上で腕を交差させて両手のひらを重ねる

(2)息を吸ってお腹を薄くし、口から息を吐きながら上半身を右に傾け、右→右前傾→左前傾→左と円を描くようにストレッチする

▲お腹を薄くした状態のままで上半身を旋回させます

なお、頭上で手を組みながら実践するのが難しい方や、そもそも手が組めない人はタオルを使用して実践(下写真)してみてください。

▲お尻が床から上がってしまうと広背筋への刺激が弱まって期待する効果を得られません

これを“1日あたり5回以上を目標”に行います。なお、期待する効果をきちんと得るには「できるだけ大きく上半身を動かすこと」、「お尻はきちんと床につけたままで行いこと」の2つがポイントです。

コリ固まった背中がほぐされ、実践後はスッキリ気持ち良くなれる【広背筋ストレッチ】。ぜひ習慣化して美姿勢のキープに役立てつつ、憧れの“S字ボディ”に近づいていきましょうね。<ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ