無料の会員登録をすると
お気に入りができます

世界で4店舗のみ!? パリ旅で「幻のマスタード」に出会う!

旅行・おでかけ

美食の都、パリで本物のマスタードに出会う!

Photo by muccinpurin

パリといえば、世界有数の"美食の都"として知られています。レストランはどこもレベルが高く、食への意識も高いのがフランス。これは料理だけでなく、使用する食材や調味料にも言えることです。

旅・グルメ好きの筆者が、先日初めて訪れたパリで、もっとも血が騒いだのが「マイユブティック」。マスタードやビネガーなど、日本でも人気のブランドですが、品ぞろえが別格なんです!

世界で4店舗しか手に入らない"限定アイテム"をお目当てに、さっそく足を運んできました♪

お目当ての「フレッシュマスタード」!

Photo by muccinpurin

125ml/18.5ユーロ〜(約2,428円)

今回の目的はこちらの「フレッシュマスタード」。マスタードなら日本のスーパーでも手に入りますが、瓶に詰めてくれるマスタードが、これだけの種類そろうのは「ディジョン本店」「ロンドン」「ニューヨーク」そして「パリ」の4店舗だけなんです。

お店には、ビールサーバーのようなカウンターにずらり。実際に試食することもできるので、好みの味がきっと見つかりますよ。それぞれ特製の陶器に詰めてくれるのですが、これがまた乙女心に響くかわいさ……♪

「フレッシュマスタード」は、ツンとした辛みが強すぎず、とにかくまろやかで香りが上質。「白ワイン」や「白トリュフ」「黒トリュフ」などのマスタードは、マスタードの役割を果たしながらも、あくまで主張し過ぎずにほんのりと香る、フレッシュならではの忘れられない味わいでした。

マスタード以外にも気になる商品が♪

1. お土産用のセットも充実!

Photo by muccinpurin

店内に並ぶマスタードは、どれも日本で見たことがない味ばかり。「カシス」に「トマト&チリ」など、個性的な味ながらどれもおいしそうです♪

マスタード選びに迷ったら、セットがおすすめ。小瓶が4本入って11ユーロ(約1,444円)とお求めやすい価格です。箱入りなので割れる心配がなく、エッフェル塔がデザインされたパッケージにもセンスを感じます!

Photo by muccinpurin

こちらはパリ限定のパッケージ。このお店でしか手に入らない、パリらしくてキュートなデザインです♪

2. マイユの原点!「ビネガー」も充実!

Photo by muccinpurin

マスタードとともに、マイユの看板商品のひとつ「ビネガー」。日本で見かけるのは「赤ワインビネガー」と「白ワインビネガー」くらいですが、マイユには驚くほどたくさんの種類のビネガーが並びます。

ビネガーはマイユで創業当初から作られている、とても思い入れの強い商品。マンゴーやパッションなどの爽やかなフレーバーは、サラダのドレッシングとして使ったり、スパークリングで割ってドリンクにしてもよさそう。

Photo by muccinpurin

こちらは、ビネガーにレモンやハーブなどを漬けたタイプ。しっかりとした風味や香りは、お料理をワンランクアップさせてくれます。

3. 日本でもブレイク中!「トリュフオイル&ソルト」

Photo by muccinpurin
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ