無料の会員登録をすると
お気に入りができます

昼暑い・夜寒い日は何着る?すぐ真似OKなアウターに仕込む「レイヤードテク」

ファッション

気温差が大きい季節はコーデに迷う…

真似したい「レイヤードコーデ」

昼は暑く、夜は寒い…気温差が大きく、服選びに迷ってしまう今の季節。それなら、アウターに仕込める「レイヤードコーデ」がおすすめです。

今回は、トレンドのアイテムを使っておしゃれに着こなしながら、気温差対策もできる「レイヤードコーデ」をご紹介します。

軽やかアウターで一気に春っぽレイヤード

シアーなトレンチで軽やかスタイル

中に厚手の服を仕込んで薄手のアウターを合わせれば、アウターの着脱で気温差対策できます。こちらはシアーな素材で、見た目にも軽やかなトレンチコートです。

wear.jp

定番の春コートとして人気が高いトレンチですが、シアー素材なら被る心配もなし。オンリーワンで垢抜けたレイヤードコーデを叶えます。

シアーロングトレンチコート

fifth

¥ 11,990

商品詳細
シアーロングトレンチコート
5-fifth.com
商品詳細

アウターの中に仕込むなら“羽織”

ダメージカーデはニット風で着回し◎

ダメージ加工のざっくり感がこなれて見えるカーディガン。しっかりとしたニットのような厚手の素材で、暖かい日はアウター代わりに、寒い日はアウターに仕込んで使えます。

前後2WAYで、ボタンを閉じて後ろ側にすると、ニットトップス風に。中のインナーを見えるようにすると、今年っぽいレイヤードスタイルが完成します。

前後2wayダメージニットカーディガン

titivate

¥ 4,389

商品詳細
前後2wayダメージニットカーディガン
titivate.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ