無料の会員登録をすると
お気に入りができます

感動Before→After♡収納で人生が変わった!クローゼット編

インテリア

「収納が変われば人生が変わる!」が口癖のお片づけエディターぷり子。今回は自宅のクローゼットを劇的Before→Afterすることに。その模様を詳しくご紹介。

"汚部屋"が大好物のエディターぷり子

収納と模様替えが趣味のエディターぷり子。多くの汚部屋の収納問題を愛ある説教とともに解決し、部屋も心もスッキリさせてきたお節介人間。ところが……

ぷり子の部屋はこんな感じ

なんと自分の部屋も汚部屋になってしまった

今まで汚部屋の住人たちに毒舌を浴びせてきたぷり子だが、なんと自宅も汚部屋になってしまったという。「だって、娘のへちゃ子を産んでから、何をするにも余裕がなくて……ゴニョゴニョ」と言い訳を口にしつつも、やっと重い腰を上げて収納を改善することに。汚部屋の元凶、汚クローゼットに着手します。

STEP1▷まずはクローゼットの「全部出し」!

ガラ〜ン! 思い切って空っぽに

「片づけ下手な人って、少しずつ片づけようとするのよ。収納は根本から見直すのが鍵よ! 面倒に思うけど、実は近道なの。わかってる……さあ頑張るのよぷり子!」どうやら全部出しが面倒臭い模様。自分を鼓舞し、モノをすべてクローゼットの外に出します。

モノの多さに阿鼻叫喚のぷり子

「モノを全部出すと、その多さに驚くわね……。この驚きが大事なのよね」とブツブツ言うぷり子。モノを出したあと、「いるモノ」と「手放すモノ」に分類します。

大量の「不要なモノ」を手放すことに!

「分類するのに数時間かかってしまったわ」とぷり子。「手放す」と決めたものは、衣類だけでも大きな段ボール2つ分! 手放すものは「あげるもの」「寄付するもの」「売るもの」「処分するもの」に分け、なるべくゴミにしないのがぷり子流。

STEP2▷空になったクローゼットに棚を作る

モノの分類が済んだら、次は空になったクローゼットの収納アイデアを練る。ぷり子は棚板を自由に動かせる、可動式の棚を設置することに。

記事に関するお問い合わせ