無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「お腹痩せ」するために摂っておきたい食品とは…

美容

水溶性食物繊維は、小腸での吸収速度が緩やかなので、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

そのため血糖下降ホルモンで脂肪合成促進作用もある「インスリン」の分泌を抑制させることができ、「太りにくいカラダ」にすることができると言えます。

bybirth.jp

食物繊維の一日の目標摂取量

それではこういった食物繊維を一日にどれだけ摂ればよいのでしょうか。

食物繊維の一日の目標摂取量は、成人男性で20g以上、成人女性で18g以上と言われています。ちなみに、キャベツひと玉(約1000g)に含まれる食物繊維は、約20gと言われています。

いかがでしょうか。案外摂れていない方が多いのでは?

2. 発酵食品

「発酵食品」とは、微生物の働きでできた食品のことで、ヨーグルトや納豆、キムチ、味噌、ぬか漬けなどが挙げられます。

発酵食品は腸内で善玉菌そのものとなりますので、腸内環境を整える上で不可欠です!但し、発酵食品の中には塩分を多く含む食品が多いので、毎日の生活の中で少しずつ摂るのが望ましいと言えます。

bybirth.jp

なぜ腸内環境を整えることが「お腹痩せ」に有効なのか?

bybirth.jp

腸内環境を整えることはお腹痩せに有効です。その理由として2つ挙げることができます。

1つは、腸内環境を整えることで免疫力向上や美肌効果が期待できますが、それ以外にも便秘の解消にもつなげることができるからです。

2つ目の理由として、腸内環境を整えることは「痩せやすいカラダ」にすることができると言えるからです。

腸内環境が正常に整うということは、善玉菌が優位な状態であるということです。善玉菌が優位に働くと、腸内細菌の1つである日和見菌が善玉菌をアシストするようになります。この善玉菌をアシストする日和見菌のことを「バクテロイデス門」と言います。この菌は食べても太らない人や痩せやすい人に多く見られることから「痩せ菌」とも言われています。

この痩せ菌がエサを食べて作り出す「短鎖脂肪酸」には、食欲の抑制や脂肪の蓄積の予防、全身の代謝を上げてエネルギー消費量アップをサポートするといった効果が期待できることから、痩せやすいカラダにすることができると言えるのです。

「食事の摂り方のどこに問題があるのか」を簡単に見つける方法

bybirth.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ