無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「焼けない日傘」21本ぜんぶ見せ! ランキング1位はフランフランでした

夏になると絶対に手放せない日傘。日焼け対策だけでなく、陰ができるので涼しく快適に過ごせるのもうれしいですよね。しかし、いざ買おうと思っても多くの日傘が並び、見た目と値段だけで選んでしまいがち。安いものでもないのに、使ってみると微妙だった……なんてことになったらもったいないので、2018年の猛暑を共に過ごす相棒を探して日傘21本を徹底的に検証しました!

360.life編集部/Test by LDK編集部

ファッション

ランキングの前にココをチェック!日傘選びはこの3つが大事です

カラフルなデザインのものから機能性に富んだものまで、さまざまなタイプがある日傘は、どれを選んだらいいか目移りしてしまいますよね。そこで、本題のランキングに入る前に、日傘について少しお勉強しておきましょう。

ここでは、買う前に必ずチェックしておきたい3つのポイントを「よくある日傘選びの疑問」として、Q&A方式でお答えしていきたいと思います。ぜひぜひ参考にしてみてください!

Q1.遮光率の表記は信用できる?A1.表記通りの効果はないことも

タグなどの遮光率や遮熱の表記は布地だけの性能で、縫い目からの漏れや照り返しは考えられていません。つまり、その効果は気温や天候によっても変わるということ。

さらに、傘によって得意な天気があることから、常に「表記アリ」がいいわけでもないのです。

「遮光・遮熱」の表記アリでも、

天候によっては表記ナシの日傘と効果が変わらないことも……。

こちらは「遮光率99.99%以上」と表記されていますが、

実際に数値を測定してみると40%と、日射しが強いとダメ……。

今回の検証では「表記アリ」は一定の性能がありましたが、表記ナシで優秀なものも多数ありました。よって、タグに書かれた表記はあくまで目安として捉える方がよいでしょう。

Q2.夏の日差しをさえぎりたい!A2.外側が白い傘がおすすめです

外側が白いと、涼しさがアップすることから傘内が快適になります。一方、外側が黒い日傘は太陽の熱を集めて吸収してしまうため、風が吹かないと日傘内に熱気がたまり、蒸されたような嫌な暑さになることも。

外が白と外が黒、実際に2本を比べてみると、その差がよくわかります。

ご覧のとおり、白が1.8℃も低いという結果でした。このことから、涼しさを求めるなら外側が白い傘がおすすめ。

もちろんコーティング加工の方法や布地の種類によって違いはありますので、その点を加味して選んでみてください。

Q3.紫外線の照返しって防げる?A3.内側が黒いと照返しを防げます

内側がシルバーコーティングされた日傘は多くありますが、レフ板のように紫外線を集めてしまうので逆効果! 地面からの紫外線の照返しを防ぐには、内側が黒い傘を選びましょう。

テストしてみた結果、違いはこのとおり。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む