無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“デリケートゾーンのことは私に聞いて”!膣姐こと山口明美とは?

ライフスタイル

フェムケアから美容寿命をサポートするメディア「femme」

病気以外の不調の多くは、デリケートゾーンケアなどのフェムケアを意識することで、症状が和らぐことが実は多数。他にも、ぽっこりお腹や加齢によるスタイルの崩れ、肌荒れなど、多くの女性が抱える美容面の悩みもフェムケアと深い繋がりがあります。

膣ケアと膣トレの第一人者である山口明美が編集長の「femme(フェミー)」は、健康寿命ならぬ“美容寿命”を伸ばすために、フェムケアの正しい知識と深い理解をお届けしたい!という想いのもとで誕生しました。「femme」を読めば、フェムケアのことがなんでもわかる!そんなメディアを目指します。

膣姐こと、編集長 山口明美とは?

femme編集長であり、“膣姐”と呼ばれている山口明美についてご紹介!美容業界25年の経験をもち、膣ケアや膣トレを流行らせたパイオニア。株式会社3FACE代表を務めます。

日本初の膣プランナーとして様々な商品開発やコンサルティングを行い、セミナーや講座も定期開催。2021年3月には、野田聖子会長が立ち上げた「フェムテック振興議員連盟総会」に参加しました。今後広がりを見せるフェムケア・フェムテック市場にて、さらに活動のフィールドを拡大しています。

フェムケアへの関心は自身の経験から...

19才からエステティシャンとして、女性の美容と健康に向き合ってきたfemme編集長の山口。毎日対峙するお客様の声から、女性のカラダはもっと深いところのケアも必要なのでは?と思い始めたと言います。

(山口編集長)お客様のお肌やお身体と向き合う中で、「ニキビがどうしても良くならない」「くすみが取れない」「浮腫む」「痩せない」など様々なお悩みをうかがってきました。お悩みが改善しないお客様に会うたびに、「これは自律神経が関係しているのでは」と漠然と考えるようになりました。なぜなら、症状が改善しないお客様は共通して、血流が悪く体が冷えやすかったから。そしてホルモンバランスが崩れている方が多かったんです。その時はまだ、膣ケア、膣トレとは出会っていなかったので、何をどう変えていけばいいのかわかっていませんでした。

そんな中、femme編集長山口自身も数々のトラブルに悩むようになったのです。つらい生理痛、子宮内膜症、チョコレート嚢胞、14針を縫う会陰切開、子宮筋腫...。これらは全て、山口が経験したトラブル・病気です。

(山口編集長)若い頃から激しい生理痛やPMSに悩まされてはいました。23才で子宮内膜症となり、通院やピルを服用しながらの勤務で身体が辛かったのを覚えています。そして25才で妊娠し、26才、27才と年子で娘を出産したのですが、二人目の子が大きく会陰切開で14針も縫うという体験をしました。産後の、排泄時にまで感じる痛みや、なかなか身体が回復しない状況に、「なぜこんな思いをしなきゃならなかったの?」と泣きながらおっぱいをあげたほど辛かったですね。

40代になっても婦人科系の不調は続きました。そんな日々に耐えかねたことから出会ったのが、欧米では常識の一つとしてオープンに語られている「膣ケア」でした。

(山口編集長)本を読み漁り、海外での膣ケアに対する深い知識を知り、その文化の違いに驚くことばかりでした。フランスでは10歳の子供から膣のオイルケアをお母さんから伝承されるんですよ。また、アーユルベーダでヨニピチュというオイルシップのやり方があったり、膣内を洗浄することで膣内フローラバランスを整えられたり。フェムケアについて知らないことばかりで、どんどんのめり込んでいきました。自分なりにたくさんの情報を集め、呼吸法を変えて、お尻歩きをして...そんな経緯で膣ケアや膣トレをはじめるに至りました。

そして6年前より本格的にデリケートゾーンケアに情熱を傾け、2年前に独立。山口自身が培った経験と正しい知識を多くの女性に伝えるべく、フェムケアメディア「femme」をオープン!femmeでは、膣ケアや膣トレ、生理痛、PMS、膣と美肌の関係、冷え、更年期...などなど膣と繋がる女性のカラダに関する情報をお届けします。また、編集長 山口のインスタグラムに寄せられた質問を、こちらでお答えしていく予定です。

編集長 山口明美 略歴

19才 エステサロン入社
21才 最年少でサロン事業部統括マネージャー就任
23才 卵巣嚢腫、子宮内膜症、体の不調に悩み始める
26才 長女出産
27才 次女出産、尿漏れを改善する為膣トレーニング開始
38才 美容メーカー執行役員(44才まで) 

記事に関するお問い合わせ