無料の会員登録をすると
お気に入りができます

40歳以上の女性「VIO脱毛」10年間で75倍に急増するワケ|医師が直伝!女性が知るべき大切なこと

美容

VIOケアへの興味、関心は年々高まっている

最近よく耳にする「VIO(ヴイ・アイ・オー)」という言葉ですが、実際にどの部分をさすのかご存じでしょうか? VIOとはアンダーヘアのことで、下記の脱毛範囲をさすようです。

リゼクリニックの調査では、この5年でVIO脱毛の女性患者数が約5倍増という結果がでています。この調査結果を見ても、年々VIOケアへの興味、関心が高まっていることがわかりますね。

さらに、40代以上でアンダーヘア脱毛の契約をされる女性患者さんは、この10年で75倍増なんだとか。これは、老後に向けたVIOケアの意識が高まってきているということを実証しています。

VIOケアへの興味や関心は高まりつつありますが、ケアすることでどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。大地先生に詳しく教えていただきました。

医師に聞く介護脱毛のメリット、デメリット

――リゼクリニックでは40代以上のアンダーヘア脱毛の契約者数が10年で75倍増という数字にも表れているとおり、老後に向けてVIOケアを意識している方が増えているのではないかと思います。ケアすることで得られるメリットとはどんなことがあるのでしょうか。

将来、自分が介護される立場になったことを想定し、その準備としてあらかじめデリケートゾーンを脱毛して、介護者の負担を軽減させたい、という思いから「介護脱毛」を希望される方が増えているようです。
実際にご自身の老後を想定し将来介護される側になった際に、身体の清拭(せいしき)や排泄後の拭き取り等が介護者に負担とならないようにと、特にデリケートゾーン(Vライン、Iライン、Oライン)の脱毛を希望される方が増えています。介護脱毛のメリットとして下記の3つが挙げられます。

メリット1:陰部の炎症や感染症を防ぐ
デリケートゾーンは拭き取ったつもりでも毛や皮膚の間に排泄物が残りやすい部位で、炎症や感染症を引き起こすこともあります。そういった陰部の炎症や感染症を防ぐことができます。

メリット2:オムツ交換の際のニオイを軽減
陰毛がある状態でオムツをしていると、菌が増殖し、ニオイがきつくなり介護の負担も大きくなります。VIOケアをすることでニオイを軽減できるメリットがあります。

介護脱毛のメリット3:介護士の清拭が楽に
介護士はしっかりと局部の状態を確認し、陰毛に排泄物がこびりついていれば、取り除かなければいけません。VIOケアをすることでその手間を軽くすること、またその際強くこすることでの皮膚トラブルの発生を軽減することができます。

このように、デリケートゾーンは拭き取ったつもりでも毛の間や皮膚に排泄物が残りやすい部位なので、炎症や感染症を引き起こすこともめずらしくありません。高齢で介護を必要としている状態だと免疫力が低下している場合も多いですし、オムツなどでは菌が増殖して感染症のリスクが高まります。そのため、介護者はより丁寧に清拭をする必要があるわけですが、ごしごし拭いて肌を傷つけてしまってはよくありません。

介護脱毛のメリットとしては、やはり事前に行っておくことで、感染症や皮膚トラブルのリスク、オムツ交換の際の臭いを軽減することが期待できます。介護脱毛は、介護される人、介護する人の双方に大きなメリットがあると思います。

実はデリケートゾーンは意外とにおう!

老後でなくても感じる快適さ

――いずれ、介護を受ける立場になることを考えると、脱毛はしておいたほうがメリットが大きいということですね。介護以外の部分でのメリットもあるのでしょうか。

介護脱毛に限らず、VIOゾーンは汗や生理時の出血などで非常に蒸れやすくデリケートな部位です。常に下着も身につけているため、他の部位に比べ非常に雑菌が繁殖しやすくなっている部位でもあります。

雑菌の温床となるムダ毛の処理を行うことで、デリケートなVIOゾーンを清潔に保ちやすくなります。繁殖した雑菌から気になるニオイが発生するので、ムダ毛の処理を行うことで雑菌の温床をなくし、通気性も高まることでVIOゾーンのニオイを軽減することが期待できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ