無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ネガティブな気持ちをパワーに!日常に取り入れたい3つの意識

ライフスタイル

(Hakase_/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

改善するべきものとして扱われがちな「ネガティブ」ですが、マイナス思考を上手に使って、自分のパワーにしている人もいるようですよ。

ネガティブな気持ちをかしこく扱う方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

①「やりたくない」でOK

「私は、なにかをやりたくない気持ちを活力にして、『やらないためにはどうすればいいかなー』と考えるようにしています。やりたくない気持ちって、すごく強いじゃないですか。
やる気満々な状態がずっと続くことはないけど、めんどくさい気持ちが消えてくれないことは山のようにあるし(笑)例えばやりたくない仕事があるなら、『この作業、ここが無駄じゃない? もっと簡略化できそう』と、自分がいかに楽をするか考えるんです。
結果的に自分が楽になるし、嫌々でも作業は進むし、ネガティブなパワーって強いなと思います」(20代・女性)

②不安を工夫に変換

「私は物事を悪く考えてしまうタイプなんですけど、その性格のおかげで助かったことも今までありました。仕事で『ミスしたらどうしよう』と心配になるからこそ、何度も何度もチェックして、その結果ミスが少ないと上司に言ってもらえたり…。
嫌な記憶のほうが残ってしまうから、どうしてもネガティブな性格で損をしたと考えてしまいそうになるけど…。悪い方向に考えるからこそ防げていたトラブルも、たくさんあったと思うんです。
ネガティブに考えても、その不安を工夫に変換すれば、結果的に自分を助けてくれるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

③他のことに集中

「私は、悪い方向に考え始めると、ずっと頭の中でネガティブなことがグルグル回ってしまうんです。同じことがずっと頭から離れなくて、気持ちが疲れてしまうんですよね。
ただ、その性格のおかげで、たまにものすごい集中力を発揮します。モヤモヤが止まらなくなったときは、それを吹っ切るように全力で外を走ってみたり、筋トレしたり、家中を掃除してみたり…。暗い気持ちって、そう簡単には切り替えられないから。それ以上に集中できるなにかで、モヤモヤを追い出すんです。
友達は、暗い気持ちになったタイミングでずっと語学の勉強をしていたら、気づいたら簡単な日常会話ができるくらいになったそうですよ(笑)ネガティブなことをずっと考えられる集中力があるなら、他のことにも活用できると思います」(20代・女性)

「これはやりたくない」「あの人に会いたくない」「すべてがめんどくさい」。そんな後ろ向きの気持ちでも、扱い方を少し変えるだけで、自分を支える大きなパワーになるかもしれません。

ネガティブに押しつぶされそうになったときは、負のエネルギーを別のものに変換できないか、ぜひ考えてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ