無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ヒール靴に戻れなくても、女らしさはキープできる「ぺたんこパンプス」春カタログ

ファッション

アラウンドホームの生活が長くなってヒール靴はなかなか履かなくなった・・・というひとでも、女っぽさをキープできる「ぺたんこパンプス」。これからの季節にぴったりのアイテム、モデル・田丸麻紀さんと探しました。華やかな春コーデの参考に!

★ 鉄板デニム×カラーパンプスも〝ぺたんこでも女っぽい〞チョイスが決め手

デニムには鮮やかぺたんこ靴でキュート&春めくアクセントを

トレンチコート(VVB)デニム(アッパーハイツ)メガネ(バートンペレイラ)〈ともに田丸さん私物〉オレンジバレエシューズ¥20,000(ファビオルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)プルオーバー¥63,000(sacai)バッグ¥27,000(ナターシャ バロー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)ピアス¥18,000(イリ ジュエリー/14 SHOWROOM)バングル¥25,000(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)

○ variation

ランチにはきちんと感あるポインテッド、ショッピングなら疲れ知らずのラウンド、トレンド重視ならスクエアに。トウの選びで印象も様々に。

(上右)旬のバックルモチーフ。靴¥31,000(プリティ・バレリーナ/エフイーエヌ)(上左)後ろゴムで足にフィット。靴¥30,000(ピッピシック/ベイジュ)(中右)女っぽさ抜群の赤サテン。靴¥20,000(ツル バイ マリコオイカワ)(中左)コロンとしたフォルムがキュート。靴¥26,000(プリティ・バレリーナ/エフイーエヌ)(下右)色も甲の深さもつま先も旬。靴¥16,000(ダニエラアンドジェマ)(下左)スクエアだからリボンでも甘すぎない。靴¥14,000(ピシェ アバハウス/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店)

★ 女っぷりワンマイルスタイルは〝アニマル柄パンプス〞でエッジを利かせて

気取りすぎないジャージータイトに足元からエッジをON

一見ハードルが高いタイトスカート×ぺたんこ靴のスタイルは、「アニマル柄でパンチを利かせ、足元に視線を集めれば、スタイルバランスが気になりません」という田丸流セオリーが参考になります。

ジャケット(セリーヌ)バッグ(FENDI)〈ともに田丸さん私物〉キリン柄靴¥51,000(ネブローニ/フラッパーズ)Tシャツ¥30,000(kolor)スカート¥16,000(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)ピアス¥15,800(リリーズ/14 SHOWROOM)ブレスレット¥8,500(イン ムード/14 SHOWROOM)

○ variation

服にアニマル柄を取り入れるのは難易度が高い40代も、足元なら冒険しやすい。洋服がシンプルになりがちなジモトスタイルは、小物で攻めてコーデの底上げを。

(右から)ゼブラ柄に黄色のパイピングがキュート。靴¥15,000(オデット エ オディール/オデット エ オディール 新宿店)シンプルで使いやすいゼブラ。靴¥15,000(オデットエ オディール/オデット エオディール 新宿店)スクエアが今っぽいレオパード柄。靴¥34,000(ピッピシック/ベイジュ)リボンモチーフならパイソン柄も怖くない。靴¥35,000(レペット/ルック ブティック事業部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ