無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家事ストレスから解放された!プロ実践「持つのをやめてよかったもの」8選

ライフスタイル

キッチンまわりでなくしてよかったもの

シンク内の生ゴミ用の三角コーナー

シンク内の生ゴミ入れとして置く三角コーナーもなくしてみると、ゴミ処理をする時の水切りの手間や三角コーナーを洗う手間もなくなり、三角コーナーまわりのぬめり汚れやカビなどの心配もなくなります。また、シンク内に何も置かないようにすることで、シンク内の掃除もしやすくなるのも、大きなメリットではないでしょうか。

ただ、調理中はどうしてもゴミは出るもの。最近はシンク内に置かないタイプの生ゴミ用のごみ箱も色々ありますが、作業台の上に置いて使う生ゴミ用ポリ袋ホルダー(写真はケユカのもの)もおすすめです。ホルダーにポリ袋を引っ掛けておけるので安定感があり、調理中に水がかかることもないので、調理後のゴミ処理もポリ袋から空気を抜くようにまるめて新聞紙や広告紙などにくるんで捨てれば、ゴミの臭いもほとんど気になりません。また、ホルダーも畳んで引出しなどにしまっておけるので、普段の作業台もスッキリです。

洗い物用の水切りカゴ

キッチン作業台には水切りカゴを置く。これも当たり前のように思いがちですが、水切りカゴの代わりに水切りマットを取り入れてみるのもおすすめです。(写真はオカ PLYS base プリス ベイスの水切り吸水マット)
水切りカゴは放ってしまうと、黒カビなど繁殖しやすく、定期的にカゴを洗う必要もあります。その点、水切りマットなら汚れが気になったら洗濯すればOK。使う時にマットを出せばよいので、作業台にカゴを置いておくスペースも必要なく、キッチン台を広く使うことができます。

キッチン家電<トースター>

最近は美味しく焼けるトースターもたくさん出ていますが、魚焼きグリル付きタイプのコンロなら、グリルでトーストするのもおすすめです。焼き具合も少しコツを掴めば美味しく焼けます。火加減の調整で焼いてる間はグリルの前に立っていないとですが、時間は、ほんの2〜3分。時々しかトースターを使わないならグリルで代用してみるのも良いと思います。そしてトースターを置かない分、収納スペースも他の収納に活用することができます。

キッチン家電<炊飯器>

ご飯を毎日炊かない、まとめて炊くなど食生活によっては必ずしも炊飯器が必要とは限りません。代わりに鍋や土鍋などでもお米を炊くことができます。コツを掴めばとても美味しく炊けます。生活スタイルによっては炊飯器ならではの保温機能が必要な場合もあると思います。まずは、持っている鍋で代用を試してみて、自分の暮らしに合うやり方を見つけてみると良いと思います。

洗面・トイレまわりでなくしてよかったもの

大きなバスタオル

大きな厚手のバスタオルで体を拭くのはとても気持ち良いと思いますが、洗濯の手間や家事の効率アップを優先したい時は、フェイスタオルでも充分に体を拭くことができます。厚手のタオルは乾きにくく、畳むとかさばるので収納スペースも大きく取ってしまいます。洗濯や家事をなるべく楽にしたい場合は、顔も体も全てフェイスタオルにするのもおすすめです。もし、フェイスタオルでは大きさが足りない場合は、バスタオルよりもひとまわり小さめの薄手のタオルもおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ