無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝る前に1分[足パカダイエット]のやり方&効果って?2週間体験レポも!

美容

寒さがひと段落し、いよいよ軽やかなファッションを楽しめるシーズンが到来!ポカポカ陽気に包まれ気分はウキウキする一方で、気になるのはボディのゆるみやたるみ問題。脚やお腹まわりをすっきり引き締めて、本格的な肌見せシーズンに向けて備えたい。
そこで今回は、痩せたいボディの部位で必ず上位に挙がってくる〝脚〟にスポットをあて、美STでも話題になった「足パカダイエット」をさらに詳しくご紹介!『寝たままラクやせ!足パカダイエット』を監修したパーソナルトレーナーの松井 薫さんに、足パカダイエットの効果や正しいやり方を教えていただきました。〝足パカに興味があるけど、いまいちやり方がわからない〟〝本当に効果があるのか知りたい〟人はぜひチェックして。また、読者のリアルな実践レポートも必見です。脚がキュッと引き締まると洋服をキレイに着こなせるだけでなく、自分にも自信が持ててよりハッピーな毎日を送れるはず。

▼あわせて読みたい

寝る前のたった5分でOK!疲れていてもできる【力尽き筋トレ】で簡単運動痩せ

足パカダイエットとは|脚をヨコ・タテに開くだけのズボラエクササイズ

足パカダイエットとは、その名の通り、脚をパカパカとヨコ・タテに開くだけの超簡単エクササイズ。「寝ながら行うので脚への負荷が軽く、体幹も鍛えられるため、脚痩せはもちろんお腹の全方位の引き締めにも効果があります。特に足パカの始まりとなったヨコパカは、普段の生活ではあまり使われない太ももの内側や外側の筋肉をメインに使うので、万人に適しているともいえる脚の引き締めエクササイズです。一般的に、毎日2週間続ければ、運動刺激に対して神経や筋肉が反応するようになるといわれています。そのため、運動が苦手な人でも、2週間毎日足パカを続ければ脚が引き締まっていくのを感じられるはず」(松井さん)。
運動する習慣がない人でも継続しやすく、効果を感じられると評判の足パカ。なぜ続けやすいのか?人気があるのか?ポイントは大きく二つ挙げられます。

教えてくれたのは......パーソナルトレーナー、柔道整復師 松井 薫さん

松井薫先生が監修した『寝たままラクやせ!足パカダイエット』(学研プラス)は電子書籍にて販売中。

誰でもできるシンプルな動き

家でエクササイズやトレーニングをしているとき、この動きで合っているのか不安になる人も多いのでは。動きを間違えると、本来のトレーニング効果を十分に得ることができない可能性も。でも、足パカなら一度やり方を読めば実践できるくらい簡単なのがGOOD。「足パカは、脚をパカパカと横や上下に開くだけのシンプルな動きなので、すぐに覚えられて、間違える心配もほぼありません」(松井さん)。誰でも取れ入れやすい&続けやすいのも、幅広い世代からウケている大きな理由です。

隙間時間に1日30回&寝たままでOK

仕事や家事、育児で忙しくても、1日30回の足パカなら1〜2分でできるというのも大きな魅力。ちょっとした隙間時間に毎日足パカするだけで、気になる脚がキュキュッと引き締まっていくのを実感できるはず。「足パカは寝た状態でシンプルな動きをするものなので、〝ながら〟でもできるのがいいところ。使う筋肉を意識しながら足パカをするほうが効果をしっかり得られますが、まずは〝ながら〟でも足パカを続けることを心がけてほしいですね」(松井さん)。

足パカには5つの良い効果がある!

足パカダイエットには、脚痩せ以外にもお腹痩せ、美姿勢を保ちやすい、冷えが軽減したり肌ツヤがよくなるなど、40代50代に嬉しい美容メリットがいっぱい。見た目のサイズダウンだけでなく、体のめぐりがよくなるといった体調面にもプラスなのが高ポイントです。脚をパカパカ動かすだけで、なぜこんなにいいことがあるのか?気になるそのメカニズムを松井さんに教えていただきました。

1:太ももほっそり、美脚になる

足パカの魅力は何といっても、〝なかなか痩せない…〟と多くの人が嘆いてきた下半身の引き締めに効果があること。「脚痩せできる理由は、仰向けになって行うことで脚の筋肉に適度な負荷をかけられるからです。スクワットのように立って行うと脚に体重がかかり、脚の筋肉への刺激は強くなります。運動パフォーマンスを上げたい場合はいいのですが、筋肉に負荷が強くかかるとムキムキになる可能性が。スリムな脚を目指すなら、足パカのような軽めの負荷を繰り返すほうが効果的です。また、日常生活では使われにくい太ももの内側、裏側、外側といった部分的な引き締めにも効果があるのが大きなメリット。普段あまり使われていない筋肉を強化するため、ほっそりとしたスリムな美脚に近づけるのです」(松井さん)

2:体幹の筋肉が鍛えられお腹が締まる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ