無料の会員登録をすると
お気に入りができます

GWはメスティンでご飯、炊いてみない?→家でもキャンプ気分です

レシピ

山ごはんは、おいしく、そして楽しく食べたいですよね。おにぎりとパンなんて食事でも山で食べれば十分おいしいですが、やはりここは簡単なものでもいいので、火を使った温かい料理がオススメ。

ここ数年、山ごはんアイテムでひときわ人気を集めているのがアルミ製飯ごうの「メスティン」です。

メスティンのベーシックな活用法は、飯ごうとしてごはんを炊くこと。基本的な白米の炊き方を知っておけば、応用で炊き込みごはんなども手軽に作れるようになるので、しっかりマスターしておきたいところ。

そこで今回は、メスティンのおいしいご飯の炊き方をご紹介します。

Field to Summit
ライスクッカー
OFCARC1
実勢価格:1463円

人気急上昇中のアルミ製飯ごう、メスティン。テストするモノ批評誌『MONOQLO』2月号で5製品を比較したところ、肝心のごはんの炊き上がりには大きな差がありませんでした。

なかでも、Field to Summit「ライスクッカー」は、ハンドルが横に開く縦長タイプで、メスティンに多い横長のハンドルと異なり、手に持ったときにグラつきません。安定感のあるハンドルと親切な目盛りが使いやすく、ベストバイに輝きました。

このライスクッカーとバーナーさえあれば、さまざまな山ごはんが作れます。

オリジナルチキンを入れて15分炊くだけでできる「ケンタッキーチキンめし」もおいしいですよ。

ここからは、ビギナーでも上手に炊けるおいしいごはんの炊き方やポイントをご紹介していきます。

1:米を1合入れたら内側の目盛りを目安に水を張ります。そのあとはすぐに炊かずに、30分ほど吸水させます。

2:メスティンを中火にかけ、3分ごとに火が当たる位置を変えます。真ん中→前方→後方と一巡したら、一度箸などで米をかき混ぜてください。

3:フタを閉め、中火で約20分ほど炊き続けます。その際も真ん中→前方→後方と3分ごとに火が当たる位置を変えていきます。

4:火から下ろしたあとは底にある水分が全体に行き渡るよう、メスティンを裏返して置きます。そのまま10分ほど待てば完成です。

・「作り方1」のポイント:なかの目盛りを参考に米と水を入れる

Field to Summitのメスティンには内側に目盛りがついています。米を1号炊くときと、1.5号炊くときに必要な米と水の量が書かれているため、初心者でも一目でわかりやすく、失敗する可能性が低いです。

・「作り方2」のポイント:火を入れたあとに一度かき混ぜる

ごはんをおいしく炊くためのポイントは、最初に少し火を入れたあと、一度箸などで全体をかき混ぜること。これにより立ち上がりの水温が均一となり、ムラなく炊き上げることができます。軽く混ぜる程度でOKです。

・「作り方3」のポイント:約3分を目安に火の位置を変える

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ