無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[着飾る恋]脱がされたら脱がし返す!横浜流星が恋に落ちた瞬間

エンタメ

※このコラムには『着飾る恋には理由があって』エピソード第2話までのネタバレが含まれます。

(c)TBS

今回も真柴(川口春奈)のいろんなものが脱がされていきましたね。そして、恋の当て馬が姿を現し始めました。

それぞれの感情が絡み合い始めた第2話について語っていきたいと思います。

人生の主役が自分ではなくなってしまっていた真柴

葉山社長(向井理)退任のプレス発表まで、真柴はインスタの更新を一時停止することに。

大好きな社長に認めてもらうため、5年間もの間1日3回更新を続けてきた真柴だが、社長なき今更新する理由は「失踪した社長から連絡が来るのではという淡い期待から」と、その亡霊に取り憑かれたまま。

強制社長ファスティング状態の中、新社長に「インスタやめていいから」と告げられたあの瞬間は胸が痛くなった方も多いのではないでしょうか。頑張っていたものが評価されなくなった瞬間、目の前がぐにゃりと崩れて胸が締めつけられそうになるあの気持ち。

(c)TBS

真柴も自分の5年間の努力を「やめていい」と軽々しく言われ、自分のアイデンティティを全否定されたかのように立ち尽くしていましたね。

葉山社長のために力を注いできたインスタ。価値の見い出し方を他人の評価に依存していると、その人達がいなくなった瞬間、値打ちは一瞬でなくなり頑張る理由もなくなってしまいます。

つまり、真柴の人生なのに、社長が人生の主役になってしまっていたわけです。

でも本当は、自分の人生なんだから当然自分を主役にしてあげないといけない。

つい人の評価ばかり気にしてしまう人はドキリとさせられたのでは? あなたの人生はあなたを主役にしてあげられていますか?

社長への依存を1つ脱ぎ捨てた真柴

その後、藤野(横浜流星)のおかげで建前を1枚脱ぐことができ、自分の意思でインスタをやっていたことに気づくことができました。更新頻度も自分のペースに変え、彼女自身の人生を1つ取り戻すことができたのです。

そして、背伸びして履いていたヒールも脱ぎ捨て、スニーカーで身軽さも取り戻し、今回は真柴を2枚も脱がした藤野。

でもこのペースでいくと、5話くらいで脱がすものなくなりません? 途中で「脱がしすぎたからちょっと着せるわ」と逆に数枚くらい着せていただかないと、ラスト前に全裸でのぶつかり稽古状態になりそうな……のこったのこった!!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ