無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シンプル調理で驚きの美味しさ♡旬の新玉ねぎの大量消費・簡単レシピ2品

レシピ

しょうゆ … 大さじ2

酒 … 小さじ2

砂糖 … 小さじ2

作り方

1. 新玉ねぎは縦半分に切り、横半分に切ってから、繊維に沿って1cm幅に切ります。
2. お鍋にサラダ油をひいて中火で熱し、新玉ねぎを炒めます。玉ねぎが透明になってきたら、水を大さじ1と<A>を加えて水気が少なくなるまで炒め煮します。
3. 炒めた新玉ねぎをごはんの上に汁ごとかけ、最後に温泉卵を乗せたら出来上がり。

お好みで小さく切った鶏肉などのお肉や余っている野菜を一緒に合わせ炒めてもOK。詳しい調理方法は、下記の動画でチェックしてみてくださいね。

食材ロスも防いで旬野菜をより美味しく味わえるレシピ動画

普通の玉ねぎに比べると比較的足の早い新玉ねぎは、買いすぎてしまうと使い切るのが大変ですよね。そんな食品ロスから救ってくれる上に旬野菜を美味しく味わうことができる方法を榎本さんのレシピサイト「ふたりごはん」では紹介されています。新玉ねぎ以外にも数多くの食材を使った簡単レシピが紹介されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

著書『ジッパー袋でかんたん季節の保存食』(家の光協会)、『野菜の「べんり漬け」』(主婦の友社)でも、春の旬食材を使って簡単にできるレシピも紹介されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

photo / ふたりごはん

榎本美沙
料理家/発酵マイスター
会社員時代に、夫婦で一緒に料理を作るレシピ紹介サイト「ふたりごはん」を開設。
その後、調理師学校を卒業し独立。発酵食品、旬の野菜を使ったレシピ開発が得意。
テレビ、雑誌や書籍、WEB へのレシピ提供、イベント出演などを行う。Youtube「榎本美沙の季節料理」の丁寧な解説と作りやすいレシピ動画が人気。

ふたりごはん

https://www.futari-gohan.jp

Instagram @misa_enomoto

https://www.instagram.com/misa_enomoto/

著書『ジッパー袋でかんたん季節の保存食』(家の光協会)、『野菜の「べんり漬け」』(主婦の友社)の詳細はこちら。

https://bit.ly/3fYnODh
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ