無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シンプル調理で驚きの美味しさ♡旬の新玉ねぎの大量消費・簡単レシピ2品

レシピ

甘みが凝縮された「新玉ねぎの丸ごとグリル」

収穫してすぐに出荷される新玉ねぎは、皮が薄くて水分をたっぷりと含んでいるので、甘くてみずみずしいのが特徴。そのため、サラダやおひたしなどの生食にも向いていて、旬の時期にぜひ味わいたい野菜です。また、加熱することでさらに甘みが増すという特徴も。そこで、新玉ねぎ本来の味わいを存分に堪能できる簡単レシピからご紹介します。

材料(2人分)

新玉ねぎ … 大2個(500gほど)

バター … 20g

しょうゆ、こしょう … 各適量

作り方

1. オーブンは200度に予熱しておき、新玉ねぎは水洗いして水気がついたまま、上の部分を切り取り、十字に切り込みを入れます。
2. 玉ねぎにバターを乗せ、アルミホイルで二重に包んで1時間ほど焼きます。
3. しょうゆ・こしょうを振りかけ、お好みでバター(適量・分量外)を乗せたら完成。

玉ねぎの甘さを引き出すコツは、少しずつ温度を上げること。アルミホイルに包んでオーブンでじっくり時間をかけて焼くことで、甘みがしっかりと引き出されます。詳しい調理方法は、下記の動画でチェックしてみてくださいね。

10分で完成!「とろとろ新玉ねぎののっけごはん」

次にご紹介するのは炒めて乗せるだけ、調理時間たった10分で完成する「のっけごはん」のレシピです。旬の新玉ねぎを甘辛くとろとろに煮て、ごはんにたっぷりかける丼は朝ごはんやランチ、アウトドアにもおすすめの一品ですよ。

材料(2人分)

新玉ねぎ … 2個

ごはん … 2膳分

温泉卵 … 2個

サラダ油 … 小さじ1

<A>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ