無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[着飾る恋]本当につらい時に「そばにいてくれる男性」の見極め方

エンタメ

※このコラムには『着飾る恋には理由があって』エピソード第7話までのネタバレが含まれます。

(C)TBS

表参道のシェアハウスから飛び出て、今回は離島でシェアハウス⁈︎

今週はコンビニ感覚で海を渡ってきたどえらい男二人や真柴を支えてくれる人々、駿のスティーブ・ジョブズ説、とうとう結ばれたあの二人など、新たな展開に!

「ましば」を表す3回のノック

(C)TBS

人に気持ちを乱されたり、誰かに寄りかかったりすることなく常に自分の足で立っている駿。そこに突然の元カノの登場。しかも、自分がたたんだはずのお店を同じ店名で続けていたという衝撃の事実を知ることになり、動揺が隠しきれず不安にかき乱されていました。

今までの駿なら、自分のペースを取り戻すよう自分に言い聞かせて冷静になっていたのでしょう。

しかし、真柴という存在に心を開いた証なのでしょうか。不在の真柴の部屋に向かって不安気な表情で3回のノック。まるで「ま・し・ば」と呼んでいるかのような、一緒にいてほしいという心の声が漏れるノックでした。

自分のペースを乱さない彼が、真柴に恋をして人間らしく心を乱されていき、そのまま居ても立っても居られなくなり真柴の出張先にアポなしでやってきたのも、この裏の不安な場面を見ているからこそ一層愛おしかったですね。

コンビニに行く感覚の気軽さで海を渡ってきたどえらい二人

今回はまさかの場外戦。シェアハウスから飛び出て、真柴、駿、葉山社長、真柴のお母さんと真柴の実家で一つ屋根の下。

しかし、駿も社長も思いつきではるばる離島までやってくるってえげつない行動力ですね。深夜に思い立ってコンビニにアイスを買いに行くくらいの気軽さで海を渡ってきましたけど。

駿は社長に「真柴に会いに来た」と本音を伝え、社長の気持ちに火をつけ、敵に塩を送る形になってしまいました。今までニコニコ人当たりの良かった社長が「そうだねぇ……やっと気づけた気がするよ」と本気モードになったギャップがエグかっこよかったですね。

社長はこれから本気の攻勢をかけていくんでしょうか。どんな大人の攻め方を見せてくれるのか楽しみです。

頑張った結果は仕事の成果ではなく人望に現れる

(C)TBS

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ