無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう異性として見られない…男性が気になる子に幻滅したエピソード

恋愛・結婚

最初は好印象を持っていたものの、あることをきっかけに見方が変わることもあります。

女子の自己中すぎる言動を見て、「意外とこんな子だったんだ……」と気持ちが冷めてしまうようです。

そこで今回は「男性が気になる子に幻滅したエピソード」をご紹介します。

1.貸したものを雑に扱われた

「気になっていた子にマンガを貸したのですが、シミのようなものがついていて驚いた。しかも謝りもされなかったので幻滅しました」(22歳/大学生)

「CDを返してほしいと頼んでもスルーされるので怪しいと思ったら、『どっかいっちゃった!』と言われました。普通借りたもの無くす?相当な汚部屋に住んでいるのかなって引きました」(27歳/人材)

借りたものをぞんざいに扱う時点で、いい加減さを感じるもの。

百歩譲って汚してしまうのは仕方ないにしても、きちんと謝るべきですよね。

ましてや無くすなんて論外です!

一度イヤな思いをしたら、どんなにかわいい女性でももう関わりたくないでしょう。

2.友達に冷たすぎる一面を見て

「俺には優しいAちゃん。ちょっと好きかもなんて思っていたんだけど、友達を無視して、スマホばかりいじっている姿を見て幻滅。意外とキツいんだなって思いました」(21歳/大学生)

たとえ彼には優しくても、友達に当たりがキツいと恋愛対象にはなりにくいもの。

むしろ裏表のある性格にドン引きします。

逆に周囲を大切にする女性には男性も惹かれていくし、同性からも信用されます。

そのため紹介や合コンなども増えるので、自然といい恋も舞い込んできやすいですよ。

3.飲みすぎて酔いつぶれていた

「複数人で飲み会をしたとき、とある子が飲みすぎて酔いつぶれていました。髪の毛はボサボサで白目向いているし下着は丸見えだし、かなりヤバい状態になっていましたね。

その子のことが少し好きだったけれど、もう異性としては見られなくなりました」(28歳/通信)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ