無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らないと損。自分でできる「正しいヘアケア」の方法

ヘアスタイル

おうちで過ごす時間が増え、新型コロナウイルス感染症拡大前とは異なる美容に関するお悩みを抱える女性も多い。そこで、今回はおこもり期間に生まれた「髪のお悩み」について、美髪アドバイザーの田村マナさんに対処法を教えてもらいます。

おうちで過ごす時間が増えた今、新型コロナウイルス感染症拡大前とは異なる“美容に関するお悩み”を抱えている人も多いのではないでしょうか?

そんなお悩みを解決すべく、美容の専門家にお悩みの対処法を聞いてみました。

今回は、美髪アドバイザーの田村マナさんが、おうちでできる「正しいヘアケア方法」について解説します。

◇正しいヘアケアの方法を知りたい

外出自粛期間が続き、おのずと美容室に行く機会が減りました。すると、プロの手で施される丁寧なケアが受けられず、髪はバサバサに……。

髪が痛むようなことは極力しないようにしているし、サロンと同じトリートメントを定期的にしているから、もしかすると“方法自体”を間違えているのではいかと思っています。

キレイな髪を手に入れるために、おうちでできる正しいヘアケアの方法を教えていただけませんか?

入浴前の準備と入浴中のヘアケア方法

ヘアケアは自分流になりがちですが、実は正しい方法が存在します。

まずは、入浴前の準備と入浴中のヘアケア方法から解説します。

入浴前には丁寧なブラッシングを!

入浴前におすすめしたいのはブラッシング。髪についた汚れを軽く落とすという意味でもあるのですが、一番は地肌に詰まった皮脂や汚れを浮かすためです。

頭は約10万本の毛で覆われていて、皮脂の出る量はTゾーンの3倍以上といわれています。ですので、自分の指10本で洗うだけではどうしても洗い残しが出てしまうのです。

目の細かいブラシを使用して、事前に地肌の汚れを浮かせておくことで、汚れ残りは軽減されるでしょう。

シャンプーは地肌に、コンディショナーとトリートメントは髪全体に

シャンプーの量は、500円玉くらいが目安です。そのシャンプーを同量のお湯で少し薄め、地肌に馴染ませる感覚で首元から上に向かってくるくると優しく洗っていきましょう。頭頂部は前方から後方に向けて洗いましょう。

その時、決して爪を立てずに、指の腹で洗うことを意識してください。

「優しく洗う」のイメージとしては、メイクを落とす時を想像すると分かりやすいですね。くるくるとクレンジング剤を顔全体に馴染ませる感覚と同じように、シャンプーも優しく地肌に馴染ませていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ