無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[着飾る恋]大切な人がいる時に「してはいけない」選択

エンタメ

恋愛・婚活コラムニストのやまとなでし子さんが、TBS火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』を毎週考察&展開予想するコラムです。今の日本人の生き方、価値観に一石を投じてくれそうな本作で、真柴くるみ(川口春奈)と藤野駿(横浜流星)が繰り広げる”うちキュン”はどう展開されるのか!?

※このコラムには『着飾る恋には理由があって』エピソード第8話までのネタバレが含まれます。

(c)TBS

フレンチレストランでのデートを軸に、それぞれの気持ちが錯綜してしまった今回。

男子陸上・真柴杯・決勝開幕、シェアハウスに住む二体のこうじ、賛否両論の真柴の選択などについて言及していきます。

男子陸上・真柴杯・決勝開幕

香子さん(夏川結衣)に譲ってもらった人気フレンチレストランの予約。駿(横浜流星)と真柴(川口春奈)にとっては初めての正式なデート。

しかし、その当日に駿の仕事が入ってしまった上、予約客の到着が遅れたことで待ち合わせの時刻を大幅にすぎてしまい、おまけに駿はスマホを持っていないもんだから真柴に連絡も取れないという事態に。

一方、駿が待ち合わせ時間に来ていないことを知った葉山社長(向井理)は、代わりに自分が行くと真柴の元へ。

二人のイケメンが真柴を目指して猛ダッシュする姿は、まるで真柴をゴールとした男子陸上・真柴杯・決勝を見ているようでした。

オリンピックを目前にした東京で巻き起こった、胸が熱くなるこの勝負。タッチの差で勝利したのは葉山社長。

駿は道路越しの真柴に、「くるみー」と初めて下の名前で叫んだものの声は届かず。あんなにも下の名前で呼んでほしいと望んだ真柴の初めてが、車の音でかき消される様子は見ている方も切なさでいっぱいになりました。

葉山社長の大人な駆け引き

(c)TBS

「真柴のこと、頼むね。もし頼めないなら遠慮はしない」と、駿に堂々と宣戦布告した葉山社長。

「初めに泣かせたのはどっちですか」と駿が食ってかかるものの、「ありがと。(俺のせいで泣いていた真柴と)付き合ってくれて」と、”俺が泣かせたのに一時的にリカバーしてくれてありがとな”と、余裕を見せながらマウントを取るかのような切れ味鋭い一言に震えてしまいました。

それでも嫌なやつに見えないのが社長のすごいところ。

結局、駿がレストランデートの件で真柴を泣かせそうになっていることに気づき、社長は「遠慮はしない」をすぐさま有言実行。

駿との約束に見事カットインしたわけですが、やり手社長はやはり抜け目ない。真柴とのババ抜きでも「負けた方が秘密を話そう」と誘いかけ、わざと負けにいこうとしてましたしね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ