無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生理中の食事制限、どうなの?運動は?プチ断食は?[医師に聞く]「生理とダイエット」のウソ・ホント

美容

生理中のダイエット。順調に体重も減ってきているし、このまま同じように運動や食事制限を続けたいけど大丈夫?と不安になることはありませんか。「生理とダイエットにまつわるウソ?ホント?」今回は、生理中に行うダイエットの注意点を産婦人科医の犬飼加奈先生にお聞きしました。

生理中は運動しちゃダメ?

運動をしてはいけないということはありませんが、生理中や生理前はプロのアスリートであってもパフォーマンスレベルが下がりやすくなると言われています。彼女たちも、生理周期にあわせてトレーニングメニューを組んだり、調整したりしているんですね。

生理前や生理中は「黄体期」といって体内に水分を貯留しやすく、排出しにくい時期。一方、生理後の「卵胞期」は、体内の水分貯留量が減少する時期で、どちらもホルモンバランスが影響しています。

水分をため込みやすい「黄体期」は、その分、体重も減少しにくいということ。ですから、この時期は、ゆるく自分の無理のない運動を続けること。しっかりとしたトレーニングのような運動は、生理後に向き合っていただくほうが、効果は出やすいかと思います。

生理中に適した運動は?

諸説ありますが、有酸素運動と筋トレをバランスよく行うことが体重減少につながると言われていますが、生理中だからといって、そのベースを変えていただく必要はありません。体調にあわせて、あまり負荷をかけないように。また、成果を期待しすぎないように、自分のペースで運動することが大事ですね。普段やっているものをゆっくりとやること。

また、これからダイエットを始めようと思っている方は生理後からのスタートがおすすめです。体調的にも楽ですし、結果が出やすい時期ですから。努力に対して成果が表れやすいので、モチベーションにも繋がるのではないでしょうか。

生理中は食事制限してもいい?

積極的に食事制限をするようなダイエットは避けたほうがいいかもしれません。生理中は、体重が減りにくい時期ですので、無理をしないこと。ダイエットの基本でもありますが、特にバランスの良い食事を心がけることをおすすめします。出血による貧血症状がある場合、糖質制限による低血糖症状が重なりふらふらしやすくなる可能性も考えられます。

よく、生理中は鉄分を摂ったほうがいいと言われますが、生理中に関わらず常に女性は鉄分不足に陥りがちです。実は世界的に見ても、日本は鉄分不足による貧血が多い国。月経のある女性でさらに食事制限をすると鉄不足が加速することも考えられます。鉄分は常に心がけて摂っていただきたい栄養素ではありますが、出血量が多いのであれば、そのときだけでもサプリなどで補うほうが体調不良になりにくいですし、多めに摂ろうと気にかけておくことはマイナスではないと思います。

生理中にファスティングしても大丈夫?

ファスティング自体を否定するわけではないのですが、生理中はあまり積極的にやるべきではないと思います。運動と同様に食事制限をしても、成果が得られにくい時期ですし、より体調が悪くなってしまう可能性も考えられますので。体調のいい生理後に始める、集中的に実行するのがおすすめですね。そのほうが結果に繋がりやすいですから。

教えてくれたのは…犬飼加奈先生

春木レディースクリニック産婦人科専門医。藤田保健衛生大学(現:藤田医科大学)医学部卒業。医療法人豊田会刈谷豊田総合病院 産婦人科や社会医療法人阪南福祉医療センター阪南中央病院(産婦人科)などを経て、同院に。診療における対話を重視し、治療に伴う患者の心と体の負担を最大限減らせるよう常に心掛けている。

春木レディースクリニック産婦人科専門医 犬飼加奈先生

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ