無料の会員登録をすると
お気に入りができます

前田敦子「良い恋愛ではなかった」 知られざる過去の苦悩をせきららに告白

エンタメ

前田敦子さんが『突然ですが占ってもいいですか?』で、自身の恋愛観について明かしました。

23日、元AKB48で女優の前田敦子さんが、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に登場。

前田敦子

4月に俳優の勝地涼さんと離婚を発表したばかりなだけに、スタジオからも心配の声があがる中、仕事や恋愛についてせきららに語りました。

勝地涼

■実は心配性

今回、前田さんを鑑定したのは木下レオンさん。スタートまもなく、前田さんを「非常に難しい人です」「強烈な信念の持ち主で直感力に優れ思いつくとすぐに行動に移す」「人から束縛されることを嫌います」と、その性格や本質をズバリ。

すると、前田さんは全部思い当たると苦笑。そのうえ、「いつも”私なんてまだまだ”」と心配性であることも指摘され「今言われた一言一句全部当たっています」と驚きの表情を見せました。

■AKB48加入で性格が変わる

実は「近くにいる人にスゴく気を使いすぎて、なんか空回りしちゃう」「1対1で仲良くするのがあまり得意でなはない…」という前田さん。木下さんからも、幼少期は”内気で恥ずかしがり屋”であったと言われ、前田さんも「今と全く違いました」と納得します。

ところが、木下さんいわく、その性格が変わったのはAKB48に入ってからとのこと。活躍する反面「純粋な性格がなくなった」「負けずに頑張ってきたから」”性格が強くなった”と鑑定。

しかし本質の性格ではないため「気持ちがコントロールできなくなる」「バランスが取れなくなる」側面もあるとのことでした。

■初恋で裏切られた過去

そして前田さんは16歳のときの初恋についても告白。「良い恋愛ではなかった」「裏切りしかなかった」そうで、当時はボロボロになり仕事にも支障をきたしたそう。

そのため「もう男の人は怖い」となり、仕事に邁進。しかし鑑定によると、卒業をへて23歳で「キチっとした出会い」があったとのことで、前田さんも「みなさんが知っている人ですね…」と反応。「男の人と”もう1回恋愛をしてみたい”」と思ったそうです。

■結婚生活での苦悩

ところが木下さんによると、24歳では「自分をせめてしまった時期に」突入。さらに28歳には「あなたの愛する人の未来に”これまでとは違ったやり方で対応してください”」というメッセージが出ていたそう。しかしこれに前田さんは「でもできなかった」とポツリ…。

「仕事を辞めるか・休むか・続けるかの3択がずっとあって」、しかし「主婦ちゃんとやらなきゃ」「子育てしなきゃ」「旦那さんにご飯作らなきゃ」と、全てをやっていたと振り返ります。

■挨拶を心から

そこで木下さんは「できないならできなくて良い」「自分の良い個性がある」と断言。さらに今年はターニングポイントであるとし、「幼少期の性格を取り戻す」「とにかく本心から”ありがとう”とか”ごめんなさい”って、本心から言えたら良い」とアドバイスします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ