無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すっきりしたキッチンで暮らしたい!ミニマリストが手放したモノ&これだけは手放せないモノ

ライフスタイル

整理収納アドバイザーのFujinao(フジナオ)です。お家の中で一番道具がギュッと詰まっている場所。皆さんはどこだとおもいますか?実は、家の中でもトップクラスにモノの数が多いのはキッチン。色々な料理を作る日本のキッチンは、細かい道具が多く片付けが難しい場所。そのため片づけの悩みが多い場所でもあります。手放せるものはできるだけ手放して、すっきりとしたキッチンで暮らしたい!そう思って私は今まで色々な道具を手放してきました。今日は、ミニマリスト主婦である私が手放してきた道具と、あえて持ち続ける道具をご紹介したいと思います。

また、鍋で白米を炊けるようになると、震災時にもカセットコンロでご飯を炊くことができるのでメリットも多いのです。

トースターはもともとレンジと一体型だったのですが、電子レンジの買い替えを機に魚焼きグリルで焼いています。

焼けたらすぐに取り出せば魚の匂いがついてしまうこともありません。

あえて持ち続ける調理器具

次に、あえて残している調理器具です。

持ち続ける道具1.「代用が効かない道具」

・ホットサンドメーカー
・圧力鍋

こちらの2つを残す理由は「他で代用が効かないから」です。

ホットサンドは圧縮されてカリッと焼かれた端の部分が好きなのですが、なかなかホットサンドメーカーがなければ再現が難しい。なので、あえて持ち続けています。

圧力鍋も同様に他で同じ機能の道具がないので持ち続けています。

持ち続ける道具2.「用途が広い道具」

・オーブン可の取っ手が取れるフライパン
・カセットコンロ
・フードプロセッサー

取っ手が取れるティファールのフライパンはオーブンで加熱調理が可能なので持っています。

ティファールのフライパンでグラタンを作るようになり、使用回数が少ないグラタン皿を手放すことができました。もちろん普通にフライパンとしても優秀です。

カセットコンロは家族でお鍋を囲む時にはもちろん、フライパンを使ってホットプレート代わりに焼肉をすることもできますし、たこ焼きプレートを乗せるとたこ焼きを焼くこともできます。

たこ焼きプレートは取り外せますので洗うのも楽、更に直火なので電気式よりも早くたこ焼きが作れます。

また、災害時にも役にたちますのでカセットコンロは手放すことができません。

最後のフードプロセッサーは日頃の調理はもちろん、大根の摺り下ろしやかき氷作り、生クリームの泡だてにも使うことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ