無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お義母さんから名前を「呼び捨て」にされている人はいる?呼ばれるとどう思う?

ライフスタイル

自然に呼び捨てできるのは仲が良い証拠

お義母さんが親しみを込めて呼び捨てにして、お嫁さんも快く受け入れているのならば関係は上手くいっているのでしょう。義理の親子としてお互いが自然体でいられるのはうらやましいと感じる人もいるようです。

『すごく仲良くて本人たちが納得してるなら、それでいいんじゃないの?』
『呼び捨て、うらやましいな。私は姑から、さん付け……』
『私、結婚14年になるけど名前呼ばれたことがないから逆にうらやましいけどな』
『呼び捨てでも名前で呼んでくれるのいいな。私は義父母に「あんた」呼びされてるよ。初めて聞いたときに、「は? 私のことですか?」ってビックリして聞き返した。もう15年。慣れたわ』

なかには長年経ってもお義母さんに名前すら呼んでもらえないという声も。たとえ丁寧に「さん」付けで呼ばれても、あまりによそよそしかったり、好意が感じられなかったりすると少し淋しく思うかもしれませんね。

『うちはさん付け。でも、旦那がいないときは「あんた」って呼ばれてる』
『うちの義母、さん付けで呼んでくれるけど、人見知りで悪気なくよそよそしさが滲み出てる人だからうらやましいけどな』

ママたちはお義母さんからどう呼ばれているかよりも、呼び方に込められた気持ちを感じ取るもののようです。本人たちが良しとしているのであれば、親しみを込めた呼び捨ては決して悪い印象を与えることもないはず。伯母さんとお嫁さんは素敵な関係を築いているのだとプラスに捉えてみてはいかがでしょうか。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ イラスト・Ponko

井伊テレ子
Ponko
井伊テレ子の記事一覧ページ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ