無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「なんとなく貯金してるから大丈夫」はNG!子育て世帯が今すぐやるべき“3つの貯蓄術”

節約・マネー

「教育費」「住宅費」「老後費用」は、人生における三大出費。それらの当事者となり、さまざまなお金の悩みを抱えやすいのが30代、40代の子育て世帯です。今回は「暮らしニスタ」が実施した、実際の30代、40代の子育て世帯が、どのように貯蓄や資産運用などを考え実践しているのか、リアルなお金事情を大公開!家計のプロが子育て世帯の貯金がうまくいくためのコツをご紹介します。

子育て世帯のリアルなお金事情を大公開

ウェブメディア「暮らしニスタ」は、「貯蓄・運用」お金に関するホンネとして、主婦の友社「暮らしニスタ」ユーザーの30~40代の既婚主婦(30代40%、40代60%)計152名を対象としたリサーチを実施しました。

子育て世帯の約8割が意識的に貯金をしていた!

prtimes.jp

・毎月欠かさず 57.8%
・ボーナスなど、収入がある時 17.0%
・ほとんどしていない 14.1%
・「○カ月毎」と定期的に 4.4%
・その他 6.7%

今回のリサーチ結果では、「毎月欠かさず貯金している」と回答したコツコツ派が約6割にのぼっています。「定期的に」「ボーナスなど臨時収入があった際はかならず」とあわせると、子育て世帯の約8割が意識的に貯金をしていると回答しており、実際に貯金をしている世帯の多さが伺えます。

みんなの家庭の貯蓄額、一体いくら?

prtimes.jp

・100万円未満 17.0%
・100~300万円未満 17.8%
・300万~500万円未満 12.6%
・500万~700万円未満 15.6%
・700万~1,000万円未満 12.6%
・1,000万~1,500万円未満 8.1%
・1,500万円以上 16.3%

もっとも回答が多かったのは、「100~300万円未満」、続いて「100万円未満」。貯蓄額の少ない階層の割合がもっとも高くなっています。貯蓄額が300万円未満の世帯は34.8%となることから、今回のリサーチでは、10人に3人強の人の貯蓄額が少なめであることが分かります。

さらに、続いて第3位ランクインしているのは「1,500万円以上」。

貯蓄額が少なめの世帯も多く見られる一方で、1500万円以上の貯蓄を行っている世帯も多く見られています。「1,000万~1,500万円未満(8.1%)」の割合と合わせると、1000万以上の貯蓄がある世帯は、24.4%。10人に2人以上の割合で1000万円以上の貯蓄があるようです。

300万円~1000万円未満の中間層前後に属する人の割合は40.8%。全体的に、どの階層にも大きな偏りなく分布が見られるという印象です。

目標の貯蓄額は「特にない」人が4割も

prtimes.jp

・目標額は特にない 40.0%
・100万円未満 1.5%
・100万~500万円未満 11.9%
・500万~1,000万円未満 8.1%
・1,000万~1,500万円未満 11.1%
・1,500万~2,000万円未満 5.9%
・2,000万~3,000万円未満 10.4%
・3,000万円以上 11.1%

「貯金に明確な目標額は設定していない」人が40%。第2位は「100万~500万円未満(11.9%)」、第3位は「1,000万~1,500万円未満(11.1%)」、「3,000万円以上(11.1%)」となっています。

今回の調査では、「貯金に明確な目標額は設定していない」が40%となっていますが、あえて「貯金に明確な目標額は設定していない」のか「貯金の明確な目標額が分からないから、明確な目標額は設定していない」のかは分かりません。

あくまで推論になりますが、もしかしたら漠然と「これぐらいの貯金ができたらいいな」という目標を持っている人が多いのかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ