無料の会員登録をすると
お気に入りができます

えっ!収納しなくていいの?「出しっぱなし」で叶える部屋の整え方18選

インテリア

出しっぱなしでも部屋は片付きます!

なんとなく「出しっぱなしはダメ。収納しないと!」と思い込んでいませんか?実は毎日使うものや必要な時に近くにないと困るものなど、出しっぱなしの方が家事が捗ることもあるんです!

毎日使うものは出しっぱなしでも部屋はきれいに片付きます。問題はその「出しっぱなしの仕方」。今回は出しっぱなしにしておいていいモノ、その方法をまとめてみましたので参考にしてください。

「見えないところ」なら出しっぱなしOK

①レンジフードの上にスプレー洗剤を

レンジフードの上は遠くから見れば見えますが、死角になっているスペース。使用頻度の高いスプレータイプの洗剤などはここに出しっぱなしにしてOK。すぐに取れてササっと小掃除できれば、きれいをキープできます。

②机の下に隠れて出しっぱなし

机の上がスッキリしていて片付いている印象。実は机の下にマジックテープでリモコンがついています。パッと見はわかりませんが、机の下に出しっぱなしになっているんです。目から鱗のアイデアですね。

③ソファーの死角部分にリモコンの定位置を

ソファーの背もたれとアーム部分の奥に死角となる部分があります。家族の中でも「ここがリモコンの定位置」と共通認識ができるので、出しっぱなにはなりますがリモコン探しの手間が省けそうです。

④TVの裏に掃除グッズをセット

TV周りはとても埃がたまりやすいところなので、気になった時にサッと掃除したいですよね。それなら、TVの裏の見えない部分に掃除アイテムをセットしておきましょう。

「毎日使うもの」は整頓して出しっぱなしに

⑤壁紙と同色のパッケージをチョイス

記事に関するお問い合わせ