無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[7/12〜7/18の運勢]7月3週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

埋められた水路を取り戻す

今週のしし座は、コミュニケーションの解像度をグッとあげていくような星回り。

「水葱」は一年生の水草で、「ミズアオイ」の古名。今では絶滅危惧種扱いで、311以降にミズアオイと共生する田んぼづくりが実験的に取り組まれています。「河童(かわたろ)にあればこの香か水葱(なぎ)の花」(飯田龍太)の作者は、そうした花の匂いになんと河童の存在を感じ取っているのです。

しかも、何かの比喩とかあてどない空想として、河童という言葉を使っているのではないことは伝わってくるのではないでしょうか。もちろん、いわゆる客観的ないし科学的なリアリズムからははみ出しているのですが、そこには確かな必然性とゆるぎないリアリティがあるのだということも感じ取れるはず。

おそらく、地霊のちからをそのまま句に引き入れていくことで句を詠んでいたのでしょう。そうしたリアリティは必ず聴覚や嗅覚、触覚など、視覚以外の感覚を媒介してやってくるものなのかも。あなたも、いわゆる一般的な合理的現実をはみ出るくらいの勢いで相互浸透をはかっていきたいところです。

続きはこちらから

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

自分で自分を肯定する

今週のおとめ座は、自分の存在を肯定するための合理化をこそ図っていこうとするような星回り。

心理学者の岸田秀は、たまたま読んだフロイトの著作を通じて、自身が少年期に苦しんだ「実際には借りてない借金を友人から借りてしまっている」という強迫観念の原因が、自分と母親との関係にあるということに気が付きました。

『フロイドを読む』によれば、それでも岸田少年ははじめ自分が悪いと思い込み、「母は無理解なだけで、自分を愛していないわけではない」という結論へと合理化しようとしていた。けれど、母親の無理解が選択的なもので、自分にとって不都合な事実だけに無理解であることに気付くと、自分の仮説が成立してないことを受け入れ、フロイトに基づいて「強迫観念は正しい」と考えてみました。

つまり、「返さなければならない母への恩」が「返さなければならない友人への借金」へとスライドしていただけで、「場面を間違えていただけの「正常な」反応」だったのだという結論にいたったことで、不合理に思われた「架空の借金」がついに合理化され、ずっとくすぶっていた罪悪感と抑うつ感情も解消されたのだそうです。あなたもまた、たとえ不可解な症状や状況に陥っていたとしても自分のことを信じて考え、行動していきたいところです。

続きはこちらから

今週のてんびん座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ