無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2021年上半期「映画」満足度ランキング!3位『街の上で』、2位『クルエラ』、1位は?

エンタメ

「Filmarks(フィルマークス)」は、「2021年上半期 映画満足度ランキング」を発表。3位は『街の上で』、2位『クルエラ』、そして1位は『シン・エヴァンゲリオン劇場版』となりました。

映画やドラマ、アニメのレビューサービス「Filmarks」を運営するつみきは、サービス内のデータに基づいた2021年上半期の各満足度ランキングを発表しました。
本記事では「2021年上半期 映画満足度ランキング」を紹介します。2021年上半期で満足度の高かった映画はどの作品なのでしょうか。※対象映画は7月6日時点のレビュー数が1万件以上投稿されているもの

​第3位:『街の上で』★4.16[4月9日公開]

『街の上で』(公式ホームページより)

公式ホームページ

3位は『街の上で』。2003年公開のヒット映画『愛がなんだ』の若葉竜也×今泉力哉監督の再タッグで注目された本作品は、下北沢を舞台にある青年の日常を映し出した物語。主人公・荒川青を演じたのは『おちょやん』などに出演しブレイクした注目の俳優・若葉竜也です。

第2位:『クルエラ』★4.18[5月27日公開]

『クルエラ』(公式ホームページより)

公式ホームページ

2位にランクインしたのは『クルエラ』。ディズニーのアニメ映画『101匹わんちゃん』に登場する悪役クルエラ・ド・ヴィルの若き日の姿を描く物語です。クルエラを演じたのは、2016年の映画『ラ・ラ・ランド』に出演したことで有名なエマ・ストーン。悪役を主人公として描いたことから話題を集めました。

第1位:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』★4.36[3月8日公開]

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(プレスリリースより)
堂々の1位に輝いたのは『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。大人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版シリーズの最終作となった本作品は、「使徒」と呼ばれる謎の敵と戦う少年少女たちを描いた物語。7月には興行収入100億円を突破し、まだまだ勢いが止まらない作品です。

10位までの全ランキング結果を見る

【おすすめ記事】

細田守監督のアニメ映画ランキング! 3位『おおかみこどもの雨と雪』2位『時をかける少女』、1位は?
上半期ドラマ満足度ランキング! 3位『コントが始まる』、2位『俺の家の話』、1位は?
上半期「俳優」人気ランキング! 3位「若葉竜也」、2位「成田凌」、1位はドラマでよく見る…?
上半期カラオケ「歌手別」ランキング! 3位「Official髭男dism」、2位「LiSA」、1位は?
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ