無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ボーナスだけ貯金すれば大丈夫? 家計管理のポイントとボーナスの活用法

節約・マネー

ボーナスが支給されると「まとまった額を貯蓄に回す」という人も多いですが、ボーナスが入ったときだけ貯蓄をすれば十分なのか、一度家計をチェックしてみることも必要です。もし十分でない場合は、毎月の収入からコツコツ貯めることも検討しましょう。

今回は、収入に対する貯蓄の理想的な割合や、ボーナスの活用法についてくわしく解説します。

ボーナスの使い道、最も多いのは貯金

多くの人が楽しみにしているボーナスですが、どのような使い道があるのでしょうか。消費者庁の調査によると、ボーナスの使い道としては「貯蓄」が一番多い、という結果が出ています。

2017年の冬のボーナスの使い道では、回答者の43.7%が「貯蓄」と回答しており、最も多くなっています。次に多い使い道が「ローンの支払い」で22.3%、「教育関連費」の18.8%と続きます。このデータは、ボーナスの支給があった人の実際の使い道を示しています。

次に、2019年における夏のボーナスの使い道予定をたずねた調査では、貯蓄と答えた人の割合が一番多く、29.7%となっています。次に多い使い道が「ローンの返済」で11.8%、「国内旅行」で11.5%と続きます。ただし、こちらのデータは、ボーナスなしの人も含まれています。

このように、調査年度やボーナス支給時期にかかわらず、ボーナスの用途は「貯蓄」が一番多くなっています。

出典:平成 29 年 12 月物価モニター調査結果(速報)|消費者庁

出典:[参考・6月(確報)]ゴールデンウィークの過ごし方及びボーナスの使途予定に関する意識調査結果|消費者庁

ボーナスだけ貯金すれば大丈夫? 家計チェックのポイントを解説

毎月の収入からは貯蓄ができず、ボーナス時のみ貯蓄するという人もいますが、そのやり方を続けても問題ないのでしょうか。ここでは、毎月の収支を含めて、家計チェックのポイントを解説します。

毎月の生活費は赤字になっていないか

毎月の収入から貯蓄できていない場合は、「貯蓄に回せる余剰資金がない」ことを示しており、月々の収支が赤字になっている可能性があります。

毎月の収支が赤字だと、生活費の不足分を貯蓄やボーナスから補填しなければならず、ボーナス依存の家計になってしまいます。ボーナスは必ずもらえるものではなく、金額も一定ではないため、ボーナスに頼らない収支にすることが大切です。

家計の収支を見直す場合は、まず固定費に着目しましょう。毎月のローン返済額や保険料などは、一度下げれば長期間その支出額で安定するため家計の収支改善に役立ちます。また、スマホのプランを見直したり、格安スマホに乗り換えたりすることで、通信費の削減も期待できます。

また、なんとなく使ってしまっている無駄使いがないかどうかも、しっかりと確認するようにしましょう。

理想的な貯蓄割合はどのくらいか

貯蓄をする場合、収入のうちどれくらいの割合を貯蓄に回せば十分といえるのでしょうか。

「家計の金融行動に関する世論調査」によると、手取り収入に対する平均的な貯蓄割合は約10%、ボーナスや臨時収入等からの貯蓄割合は約20%となっています。

貯蓄割合をもう少し細かく見てみると、2人以上の世帯の2020年の年間手取り収入(臨時収入含む)からの貯蓄割合は、以下のようになっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ