無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイソーのおしゃれ化が止まらん!チェックすべきアイテム4選

100yen

100均業界1位のダイソーは、新ブランドを立ち上げるなど新業態の開発に注力し、オシャレなアイテムが続々と登場しています。今回は、おしゃれ度上昇中の本家ダイソーに注目。キャニスターや収納ボックスなど人気製品を集め、見た目や使用感などをプロと比較しました。

コロナの影響は、リアル店舗中心の小売業に大きな打撃を与えています。ところが、そんななかでも100均は絶好調。とりわけ、業界1位の巨人・ダイソー(大創産業)は、2020年の売り上げが5千億円を突破。ますます勢いを増しています。

そんなダイソーが、今注力しているのが新業態の開発。2021年3月には東京・渋谷に「スタンダードプロダクツ バイ ダイソー」がオープンするなど拡大中です。

「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトに生まれた、ダイソーの新業態が「Standard Products by DAISO」。収納雑貨や食器、服飾雑貨を中心に、シンプルで使いやすいアイテムを約1300点取りそろえています。

「まるで無印良品」な製品が激安価格で買えるとあり、オープンと同時に人気沸騰。一時は入場制限がかかるほどの盛況を見せました。製品の中心価格帯は330~1100円です。

最近は本家ダイソーもおしゃれ度が上昇し、300円や500円のアイテムを売っていたり、100円でも安見えしないちょっとおしゃれな製品が売られていたりするんです。

そこで、ダイソーで売られているアイテムの見た目や使い勝手をプロとチェックしてみました。今回は「キャニスター」「スパイスボトル」「収納ボックス」「吹き出し皿」を紹介します。

ダイソー
ガラスキャニスター(400ml)
実勢価格:各220円

公式サイトで見る

ダイソー
ガラスキャニスター(540ml)
実勢価格:各220円

公式サイトで見る

シンプルなフタ付きの「ガラスキャニスター」。

花びん、文房具、食材の収納、食器など、どんなものにも使いやすいです。

ダイソー
2WAYスパイスボトル
実勢価格:110円

公式サイトで見る

「2WAYスパイスボトル」は、サイズが小さいおかげでよく見ないとプラスチックとわからず、安見えしません。

底が外れるのでフィギュアなどを入れて飾るのもありです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ