無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「住宅ローンの繰り上げ返済」しない方がオトク?“繰り上げ返済をした方がいい人”5つの特徴

節約・マネー

家計簿・家計管理アドバイザーのあきです。気の合うお友達にもなかなか相談しにくい「お金のこと」に悩んでいる人はいませんか? 有料相談に申し込むほどではないけど、ちょっと聞いてみたいお金の疑問に、家計簿・家計管理アドバイザーがお答えいたします。今回は、「住宅ローンの繰り上げ返済はしない方が得ってホント?」というお悩みです。

住宅ローンの繰り上げ返済はしない方が得ってホント?

stock.adobe.com

今回のご相談者さんは、「住宅ローンの繰り上げ返済はしない方が得なのか」と疑問に感じているご様子です。ご相談内容を見てみましょう。

住宅ローンの繰り上げ返済について質問です。
うちの夫は、金利が数パーセントで安いんだから、急いで返済せずに今必要なものを気にせず買った方がいいと言っており、住宅ローンの繰り上げ返済をするつもりはないようです。
確かに住宅ローンの金利は今はとても安いですが、本当に繰り上げ返済はしない方がいいのか気になります。

住宅ローンの繰り上げ返済のメリットデメリット

www.photo-ac.com

住宅を購入する際、多くの人が利用することになる住宅ローン。

住宅ローンは、多くの場合35年など、長期にわたって返済することになるため、「余裕があるときには繰り上げ返済をした方がいいのではないか」と考える人も多いことでしょう。

しかし、一方では昨今の低金利から「低金利の今は繰り上げ返済はしない方がいいのではないか」と考える人もいて、いったいどちらが本当なのかと迷ってしまいますね。

ここでは、まず「住宅ローンの繰り上げ返済のメリットデメリット」について紹介します。

住宅ローンの繰り上げ返済のメリット

住宅ローンの繰り上げ返済を行うと、元金の返済に充てられるため、利息を軽減することができます。

住宅ローンの繰り上げ返済には、「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2つのタイプがありますが、どちらを選ぶかにより軽減される利息が変わります。

利息の軽減だけに注目すれば、「期間短縮型」を選択した方が多くの利息が軽減されメリットが大きくなります。

「返済額軽減型」では、利息の軽減では「期間短縮型」より少なくなりますが、返済額が軽減されるため、急な家計変動などにより月々の負担額を減らしたいなどの希望がある場合などに有効です。

どちらの繰り上げ返済を選択するかは、求めるライフプランにより異なります。

いずれにしても、利息の軽減という観点で見ると、金利が高い住宅ローンであるほど、繰り上げ返済をするメリットが大きくなります。

また、少しでも返済を早く終わらせたいと考える人は、繰り上げ返済をすることで、以降の住居費の負担を減らすことができ、その分生活にゆとりができる可能性もあります。

繰り上げ返済のデメリットは?
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ