無料の会員登録をすると
お気に入りができます

最高の1日は心地よい目覚めから。快眠ベッドルームの作り方

インテリア

“大人を自由にする住まい”がコンセプトのリノベーション会社「ゼロリノベ」が、お洒落なリノベーション事例や、ある人のお部屋を通して心地よい暮らし方のヒントをお届けします。

気持ちのよい目覚めで一日を始めたい。そのためには心地よく眠れるベッドルームが欠かせません。

照明や色合い、通風の良さなど、リラックスできる寝室をつくるためのリノベーションアイデアが満載。みんなのこだわりベッドルームをご紹介します。

[Case1]朝日で心地よく目覚める洗練ベッドルーム

仕事時間が違うカップルのふたり暮らし。「一番ゆっくり二人で過ごせる時間は朝だから、毎日最高の朝を迎えたい!」

こんな希望もリノベーションに任せて。まずは、ガラス張りで開放感のある寝室に。ふたりの思い出のホテルから着想を得た黒縁の枠で、空間をピリリと引き締めます。

窓から入る光も気持ちいい。窓際の床色だけを淡いホワイトタイルにして、光と空間をつなげています。全てを木目にするよりも、部屋が明るい雰囲気に感じられますね。

寝室まわりのファブリックは白で統一。シンプルな空間だからこそ、素材やディテールにこだわって自分だけの寝室に。お気に入りのものに囲まれて目覚める朝は、至福のひとときです。

寝室にはお気に入りのドライフラワーを飾って、こもりがちな空気をリフレッシュ。インテリアとしてのアクセントにもなります。

[Case2]オンオフをカラーで分ける個性的な寝室リノベ

家にいる時間が増えたからこそ、昼と夜の空間はしっかり分けたい。 その願い、壁色チェンジで叶えます。

リビングは白と無垢床のナチュラルトーンで構成。寝室は思い切ってブルーグリーンにリノベーションしました。

個性を出しつつ、落ち着いたトーンの寝室が完成。ブルーグリーンの壁は暖色の照明とも相性がよく、まるで映画のワンシーンのような雰囲気に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ