無料の会員登録をすると
お気に入りができます

昼間、駅チカ、お酒抜きからスタート!? 恋の可能性をグンと広げる8つのコツ

恋愛・結婚

元々の性格やこれまでの経験、世の中の状況…。恋に一歩踏み出せない理由は、人によって様々。それでも恋がしたい! そんな時に参考になる“気張らずできる恋活”を恋愛のプロが伝授します。

新サービスが続々登場。今こそ恋活の始めどき!

「恋はしたいけれど出会いがない」「今の状況下だと進展は難しそう…」。そんな不安のせいで、恋活に興味があっても実際の行動となると積極的になれないことも。

「今は出会いのサービスが充実しているうえ、コロナ禍で恋愛に安定を求める男性が増えているので恋活を始めるにはいいタイミング。リアルな声を聞くと、やはりフットワークが軽い女性ほど迅速に恋を掴んでいます。悩むよりもまずは気軽に始めてみては」(恋愛アドバイザー・田中絵音さん)

そこでここでは、恋活ビギナーのための秘策をご紹介。恋活中に抱えがちなお悩みをピックアップし、その解決方法をレクチャーします。

「恋活って、本来とても楽しいもの。いろいろな人と出会えるから、自分の学びたいことを教わったり、趣味を広げたりする機会でもあるんです。なので、“自分にプラスになる人や場を探しながら、ついでに恋活をする”くらいの軽やかなマインドで臨んでみて」(婚活コンサルタント・澤口珠子さん)

気負わず楽しむことで、結果的に自分らしい出会いに繋がるはず。

自分の恋のハードルを下げる

恋活に踏み出せない理由は様々だけれど、実は頭の中で勝手にハードルを上げてしまっている場合がほとんど。自分自身を冷静に見直すことで、対処法が見えてくるという。

「例えば“出会いがない”とか“知らない人に会うのは不安”という人は、恋に受け身なタイプ。まずは気軽に人と会うモードに切り替え、可能な範囲から行動を」(田中さん)

また、状況を捉える視点を変えてみることもハードルを下げる秘訣。

「“コロナで活動できない”と考えるより、オンラインデートのように“今ならではの恋活”を楽しむほうが建設的。“好きなタイプがわからない”ならば、逆に今まで興味を持ったことがないタイプの人に会って自分の世界を広げるのもいいですね。柔軟に考えることで、恋の可能性がグンと広がります」(澤口さん)

恋のハードル1:身のまわりにいい出会いがない

こんな人が当てはまるかも!
□周りにタイプの人がいない
□いつも同じメンバーとしか会っていない
□「出会いの場」だけで頑張っている

ハードルを下げるコツ:とりあえず一人行動をしてみる。

「常に友達と行動していると、出会いの場に行っても友達と盛り上がって終わりがち。マンネリな行動パターンを変えるためにも、まずは一人で新しいコミュニティやバーに入ってみましょう」(澤口さん)。また、普段から恋活モードでいることも重要に。「ただ道を歩いている時も“出会いがあるかも”という気持ちでいることで、キャッチ力が上がります」(田中さん)

恋のハードル2:よく知らない人に会うのが不安

こんな人が当てはまるかも!
□デートといえばディナーだと思う
□オンラインの出会いに不安がある
□相手に流されやすい

ハードルを下げるコツ:昼間、駅チカ、お酒抜きからスタート。
オンラインでの出会いのように初対面の相手の場合は、心配要素をできるだけ取り除いた場を自ら指定すると◎。「初回のデートは明るい時間に人が多いカフェなどでお酒抜きのランチがオススメ。タクシー移動を避けるため、駅近くのお店にしましょう。そうやってきちんと安全を確保してまずは3人ほど会ってみると、次第に慣れて不安が和らぎますよ」(澤口さん)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ