無料の会員登録をすると
お気に入りができます

本当は秘密にしたい!年330個食べた和菓子通が選ぶ美しいお取り寄せ6選

グルメ

遠くに住むご家族やご友人に会いたくても、なかなか遠出が難しい日々。そんなときは、美しい和菓子をギフトにしたり、自分自身の気分転換に味わったりして楽しみませんか?年間330個以上もの和菓子の魅力をSNSで伝えているaiko.0213さんから、全国各地の和菓子店のお取り寄せ、おすすめの6種を伺いました。

色とりどりの金魚の琥珀糖がお皿の上を泳ぐ「かいちん」

昨年は330個ものお菓子を味わったというaiko.0213さんに、お取り寄せして印象に残っている夏の和菓子を教えていただきました。
最初のひとつは、和菓子の名店が多いことで知られる金沢から。
江戸時代の天保年間の創業から手作りの味を大切にする「石川屋本舗」の琥珀糖「かいちん」です。

季節ごとにさまざまな形が登場するかいちん。夏の形は、金魚を模したものです。写真のように水色の器に並べると、水面を覗き込んでいるような気分になります。

「金沢では昔、おはじきのことを『かいちん』と呼んでいたそうです。まさにおはじきのような、色とりどりの金魚が鮮やか。美しく可愛らしいだけでなく、シャリっとした食感が心地よいお菓子です」(aiko.0213さん、以下同)

金魚のかいちん
972円(税込)

生チョコのように濃厚なムース「夏たろう」

金沢からもうひとつ、ちょっと新しい雰囲気のお菓子を。
県内に和モダンな雰囲気の店舗を持ち、伝統的な和菓子から和洋折衷のお菓子までを生み出す「茶菓工房たろう」の一品です。

つるりとしたみずみずしい質感の「夏たろう 雨のチョコ」は、チョコレートを葛で固めた、ムースのような夏のお菓子。

「もっちりした食感で、チョコレートの味が濃厚。まるで生チョコを食べているような満足感があるお菓子です。カフェオレ味の「雲のカフェオレ」もあります。パッケージも可愛らしく、思わず笑顔になってしまいます」

夏たろう 雨のチョコ/雲のカフェオレ
302円(税込)
※4個、6個、9個、12個入りの箱での販売もあります。

模様まで描かれた浴衣の形の干菓子「薄氷」

続いてはお隣の富山から。
江戸時代、今石動城の城下町として栄えた地で260年以上和菓子を作り続ける「薄氷本舗(うすごおりほんぽ) 五郎丸屋」の銘菓「薄氷」です。

薄氷は、富山特産の餅米を薄く伸ばして和三盆を塗った干菓子。雪が溶けはじめる3~4月の田んぼの水面に張った、今にも割れそうに薄い氷を表しているそう。定番のごくシンプルな薄氷以外に、季節の薄氷も作られており、こちらは模様も描かれた浴衣の形をしています。

「てぬぐい専門店・かまわぬさんの『朝顔市』のデザインを転写してあるそうです。私は浴衣姿で出掛けるシーンを想像しながら、アイスコーヒーと一緒にいただきました」

季節の薄氷「浴衣」8枚入
1,296円(税込)

夏の海を思わせる寒天菓子「浜土産」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ