無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お手本にしたい「シンプルインテリア」。すっきり整った16の実例まとめ[教えて!グッドルーム]

インテリア

5. コンパクトな17㎡

キッチン、バスルームを含めて17㎡という小さなお部屋でシンプルに暮らしている事例。ベッドのリネンをすべて白で揃えているから、部屋の中で一番大きく存在感のある場所が、すっきり見えています。

このお部屋はこちら

6. 潔く手放す

もともと持っていたソファとローテーブルが自分の暮らし方に合っていないと感じ、ダイニングテーブル中心の暮らしへと変えられたお部屋。テレビボードも、新しく買ったテーブルと合う色味のものに買い替え。ときには潔く手放すことも、シンプルな暮らしをつくるには大切と感じられるお部屋です。

このお部屋はこちら

広めワンルームで一人暮らしのシンプルインテリア

7. 部屋に合わせて家具をそろえる

部屋のサイズに家具がしっかり合っていることも重要なポイント。なんとなくサイズが合わなくて買い足したりしているうちに、だんだん部屋がごちゃごちゃとしてしまいます。こちらは、部屋に合わせてすべて家具を買い替え、持ってきたものは冷蔵庫だけという潔いお部屋。デスク、ソファ、大きなモニターと色々なものがあるのにビシッと決まって見えますね。

このお部屋はこちら

8. 広くても、家具の数は増やさない

広いワンルームでも、ベッドに折りたたみのできるデスク兼ダイニング、という必要最小限のスタイルで暮らす事例。空間にゆとりがあることで、よりかっこよく見えてきます。

このお部屋はこちら

二人暮らしのシンプルインテリア

9. アイランドキッチンとダイニングテーブルを中心に据える

二人暮らしでも、あえてソファはおかずに大きなアイランドキッチンと団欒できるダイニングテーブルを中心に据えたお部屋。テレビはベッドルーム側に。クローゼットの中に細々とした生活用品はすべてしまってあるため、とてもすっきりと見えるお部屋です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ