無料の会員登録をすると
お気に入りができます

リノベーションで実現!魅せる収納で「好き」と暮らそう

インテリア

“大人を自由にする住まい”がコンセプトのリノベーション会社「ゼロリノベ」が、お洒落なリノベーション事例や、ある人のお部屋を通して心地よい暮らし方のヒントをお届けします。

本が好き、洋服が好き、料理をしていると幸せ…持ちものにはその人の「好き」が宿っているもの。しかしついつい増えて、雑多になりがちですよね。

本記事では、モノたちに居場所をつくり、美しく収納しているリノベーション事例を紹介します。「好きなもの」ともっと寄り添って暮らしてみませんか?

[Case1]土間でつながるライブラリー。つい手に取りたくなる仕掛けを

玄関を開けると本や漫画がズラリとお出迎え。

土間に浮かぶような奥行きあるライブラリーは、通りすがりに思わず本を手に取りたくなるようなユニークな空間です。

壁一面を本棚にするのではなく、棚で空間を仕切るのがゼロリノベ流。

そうすることで、部屋ごとの緩やかなつながりが生まれ、見た目も美しいオリジナル空間になりますよ。

[Case2]今日は何を着よう。贅沢なクロゼットでセレクトショップ風に

寝室に設けられたウォークスルークロゼット(以下WTC)。雑多になりがちな洋服たちは、大胆に見せることで見た目も楽しく、ショップ感覚でおしゃれを楽しむことができます。

帽子やバッグなどのアイテムは、有孔ボードを使ってハンギングすれば、形も崩れずインテリアにも。

クロゼットをつくるなら、動線を一工夫することで暮らしがスムーズになります。こちらの事例では、玄関を開けるとWTCが出迎えてくれる間取りにリノベーション。

帰宅後すぐにコートやバッグを置いたり部屋着に着替えられるので、リビングの「ちょい置き」が減って散らかりません。

寝室とつながる広いWTCがあれば、家族や夫婦で同時に着替える際も動線がぶつかりづらくなります。朝の忙しい時間帯も、楽しく身支度ができそうですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ