無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしゃれ&コスパ良し♡自分で作る大人の革小物特集

芸術の秋は、モノ作りしたくなりませんか?今回は、初心者の人でも挑戦しやすい革小物のキットを、東急ハンズ新宿店「世界にひとつだけの商店」の熊谷さんと一緒に作ってみました。特別な道具やスキルは必要なく作れるので、みなさんもぜひ挑戦してみてください。

DIY

「世界にひとつだけの商店」店主に聞く革小物の作り方

革小物を作ってみたいけれど、初心者の私でも作れるものなんてあるのかな…。そんな気持ちでやってきた東急ハンズ新宿店。対応してくださったのは熊谷さんです。新宿店には、ある趣味や分野に詳しいスタッフが、得意分野ごとの商店を開く「Hi!Tenshu」という特設コーナーが設置されています。そのコーナーのひとつ、「世界にひとつだけの商店」の店主を務めるのが熊谷さんなのです。
前回、熊谷さんに初心者向けの革小物キットをいくつかおすすめしてもらったので、今回はその中のひとつを実際に作ってみました。

簡単な革小物キットと、必要な道具をそろえよう

作ってみるのは、カット済みの革と金属パーツがセットになった「STYLE LEATHER CRAFT」の「IDケース」(1,400円/税別)。手持ちの手芸用の針と糸で作れるという、初めての方でも挑戦しやすいキットです。集中して取り掛かれば、1時間程度で作れるそう。
今回は、最後に革への刻印も入れてみたいと思います。

キットの内容は、縫う場所にあらかじめ穴を開けた革パーツが5枚と、ストラップを通すためのDカンがひとつ。もちろん作り方の説明書もついていますよ。

キットと別に用意するもので、必須なのは手芸用または革用の針と糸。
加えて、仕上げにあった方がよいアイテムが3つあります。紙やすりと、完成した小物の縁(コバ)の表面を滑らかにするワックス「トコノール」、それをなじませつつ革を磨き上げることができる「コーンスリッカー」です。これらは必須ではないのですが、「使うことで出来上がりのクオリティが全く違いますよ!」と熊谷さん。

まずは針と糸の準備を

革は、並縫いで縫い進めていきます。
熊谷さんは、糸の両端に針をつけ、交互に縫っていくそう。「2本の針を使うので、両側からしっかりと引っ張って締めることができますよ(熊谷さん)」慣れない方は、1本の針でOK。作り方も1本でのやり方でご紹介します。ちなみに、糸の長さは、縫いたい部分の長さの4倍ほどを用意すれば、途中でたりなくなってしまうことありません。

作り方1 ポケットパーツに飾りステッチをする

それでは実際に革を縫い始めましょう。まずは真ん中に四角い窓がある革に飾りステッチをしていきます。

もともとの革に、縫い目の穴があるので、その一番端の穴に裏側から針で糸を通し、隣の穴に順に通していく並縫いをします。玉結びはせずに縫っていくため、最初の穴から糸が抜けてしまわないよう、5cmほどは残しておくようにしにしてください。一辺を端まで縫えたら、折り返して同じように並縫いをし、革の裏と表両方に糸が隙間なく通っている状態にします。

折り返した方も端まで縫うことができたら、最後は裏側に糸を出し、最初に残しておいた糸と結んでコブを作り、余った糸をはさみで切り落とします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ