無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スーパーにある薄い「ポリ袋」の口を簡単に開ける裏ワザ

ライフスタイル

スーパーなどで購入したものをいれるポリ袋。開けようとしてもくっついてしまってなかなか開かないことありますよね。そんなときに道具を使わずにポリ袋の口を開ける方法をご紹介します。

ポリ袋が開かない問題

買い物で購入したものを入れようと思ってポリ袋を手に取ったけれど、くっついてなかなか開かないことはありませんか? このご時世あまりいろいろなところを触りたくないので、置いてある濡れた布巾なども抵抗がありますよね。
そんなときに簡単にポリ袋を開けることができる方法をご紹介します。

【方法1】商品の水滴の水気を使う

stock.adobe.com

牛乳やアイスクリームなど、冷蔵・冷凍商品は、買い物をしている間に水滴がついていることが多いと思います。その水気を指につけてポリ袋を開けると、カンタンに開けることができます。

【方法2】袋の口を引っ張る

1. ポリ袋の入口を両側に引っ張ります。

2. 引っ張ると入口に空間ができます。

3. できた空間部分から簡単に開けることができます。

ただし、ポリ袋を引っ張りすぎると敗れてしまうことがあるので気をつけてください。

【方法3】静電気を利用する

ナイロン製のポリ袋は、静電気に反応しやすいです。そのため静電気を使って簡単に開けることができます。

1. 両手の平で袋の中心部分を挟む。

2. 手の平をスライドさせて両手でこする。

3. するとふわっと袋が開いてきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ