無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大容量だけじゃない! 持ち運びに便利な実用性抜群の「ペンケース」3選

ライフスタイル

新しい文房具との出会いは、仕事を効率化させてくれることもあれば、仕事のモチベーションを上げてくれることもある。そんな、毎日をちょっとだけ底上げしてくれる文房具との出会いをお手伝いするのがこの企画。今回は「どんな場所でもスムーズに仕事ができるように文房具を持ち歩きたい」という方にぴったりな文房具を、文具ソムリエールの菅未里さんが紹介します。

もう一つはジッパータイプのペンケースで、ここには付箋やはさみ、あるいは目薬などの小物を収納するといいでしょう。

透明であることには機能上の意味もあります。中身が見えるので、何が入っているか外から分かるのです。物を探す手間が省けますね。

個性的なデザインですが、実用性も素晴らしいペンケースです。

価格:1,375円

ペンケース/&STUDIUM

&STUDIUMは、勉強のためのさまざまな文房具を出しているブランドなのですが、なんといっても独特の世界観が特徴です。ガーリーなのですが、甘いだけではなく大人っぽさもある唯一無二のブランドです。

ペンケースは鮮やかな色から淡い色、スタイリッシュな色など全7色展開となっているので、自分好みの色が見つかるでしょう。

ふたにはハサミや定規、付箋などを入れられるポケットが複数あり、これも便利なのですが、取り外し可能な仕切りがついている本体もいいですね。ペンだけではなく、いろいろな小物を収納できます。

また、ファスナーが長く、本体にぐるっと回りこんでいる点も重要なポイントです。ファスナーが短いと開口部が短くなり中身が取り出しにくいからです。ファスナーの長さは製造コストに関わりますから、実は、ファスナーが短いペンケースはけっこう多いのです。

でもこれなら、中身全体をすぐ確認することができ、取り出しも簡単ですね。

価格:1,848円

持ち歩くペンケースは取り出しやすさを大切に

しつこいようですが、持ち歩く時に使う大容量のペンケースは、単に大きいだけでは不十分です。取り出しやすさまで配慮されているものを選んでください。

ただ、ペンケースを一つに絞る必要もないと私は思います。あまり筆記具を持たない日、たくさん文房具を持つ日など、仕事のシチュエーションによって使い分けてもいいのではないでしょうか。

シチュエーションに応じた複数のペンケースを用意すると、無駄がなく仕事も効率化できるはずです。その日の働き方に合ったペンケースを選べば、どんな場所で仕事をしてもはかどること間違いなしですよ。

(菅未里)

※この記事は2021年09月20日に公開されたものです

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ