無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏の肌ダメージを持ち越さない!秋に向け、今やっておくべきお手入れとは?

美容

夏から秋にかけて、紫外線ダメージに変わり、乾燥や気温の変化による肌トラブルが起こりやすくなってきます。秋、健やかな肌を保つために今やっておくべきことを詳しくご紹介します!

紫外線対策のあとは、何をすればいい?

夏から秋に向けて起こる肌トラブルとは?

bybirth.jp

紫外線による肌ダメージは秋まで続く

紫外線による肌トラブルは、実は紫外線が強い季節だけではないんです。紫外線の強い季節は、日焼け対策や美白ケア、汗や皮脂による肌トラブルなど多くの悩みが出やすいです。夏の間、なかなかお手入れが追いつかず秋まで肌トラブルを持ち越してしまうことがあるんです。

紫外線を過剰に浴びたことにより肌がゴワついて、スキンケアの効果がいつもより感じられなかったり、暑さにより汗や皮脂などの汚れがそのまま残って肌がくすんでみえてしまったり、毛穴に汚れが詰まって黒ずんでみえてしまったりなど、様々なトラブルが秋前に見られます。これらに対するお手入れは、とても重要です。

気温の低下による乾燥トラブル

暑い時期からだんだん肌寒く感じる日が多くなるでしょう。気温が低下すると起こり始めるのが「乾燥」。

乾燥対策も、寒くなってからでは遅いです。しっかり肌の角層を水分で満たしておき、水分と油分のバランスが整った状態で秋を迎えれば、本格的に寒くなる秋から冬にかけてのトラブルを防ぐことができます。

夏から秋にかけてするべきお手入れとは?

bybirth.jp

くすみやゴワつき、毛穴の対策をおこなう

なんだか肌が暗く見える…。肌がかたく感じる…。毛穴が目立つ…。それらの悩みは、古い角質や汚れを丁寧に取り去ることが大切です。

古い角質は、なかなか普段の洗顔やクレンジングで落とすことはできません。「角質ケア」として、拭き取り化粧水や、スクラブ洗顔などを取り入れてみましょう。気になり始めてすぐの段階で角質ケアができていれば、すぐになめらかで柔らかい肌を手に入れることができます。

また、毛穴奥の汚れや黒ずみはなかなか頑固ですが、早くきれいにしようと過剰なお手入れをすると、毛穴まわりが傷つき余計にトラブルを招くことになります。

毛穴が気になる季節だけ、普段のクレンジングや洗顔を変えてみるのも手です。筆者も今、毛穴の黒ずみが気になる季節なので、いつも使っているものから、汚れの吸着力の良い成分が入ったクレンジングや、洗浄力の高い酵素洗顔(パウダータイプの洗顔料)を取り入れています。

普段のお手入れにプラス1品取り入れてみたり、今の時期だけ悩みに特化したアイテムに切り替えるのがいいでしょう。

肌寒くなる季節に向け、乾燥対策をおこなう

夏から秋にかけ、季節の変わり目ということで肌のバリア機能が低下しやすくもあります。水分と油分のバランスが崩れていては、乾燥だけでなく小じわ、たるみなどのあらゆる肌トラブルが起こりやすくなってきます。

また、夏も意外と乾燥しやすい季節。紫外線で水分が奪い去られてしまったり、冷房により乾燥を感じる方も多いでしょう。その状態でさらに乾燥が気になる季節を迎えてしまったら、後のお手入れが大変です。まずは化粧水と乳液のベーシックなお手入れは毎日怠らず、やっていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ