無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「働いているのにお金がない!」教育費が今後もかかる家庭が考えるべき“2つのポイント”

節約・マネー

家計簿・家計管理アドバイザーのあきです。気の合うお友達にもなかなか相談しにくい「お金のこと」に悩んでいる人はいませんか? 有料相談に申し込むほどではないけど、ちょっと聞いてみたいお金の疑問に、家計簿・家計管理アドバイザーがお答えいたします。今回は、「働いていてもお金が足りない」というお悩みです。

働いているのにお金が足りない……

今回のご相談者さんは、「働いていてもお金が足りない」と悩んでいるご様子です。ご相談内容を見てみましょう。

高校生と中学生の子どもが2人いる主婦です。
夫は会社員、私は下の子が小学生にあがった頃から、パートで働き始めました。
今は夫の扶養の範囲で働いていますが、子どもが大きくなるにつれて今の収入ではお金が足りなくなってきました。
高校生の子どもは塾には通っていませんが私立高校に通っており、中学生の子どもは塾の費用がかかります。夏期講習などのたびにビックリするような額が請求されます。でも中学生の子どもも来年は受験生なので、塾はやめられません。
これ以上仕事を増やすのも体力的に厳しいのですが、夫も最近は給料が上がっておらず、収入の増加が見込めませんし、お金が足りないのでもっと仕事を増やすべきなのか……。
働いてもお金が足りない時はどのように考えればよいのでしょうか。

働いてもお金が足りないときに考えたい2つのポイント

www.photo-ac.com

お金が足りないと感じる時に、働いて収入を得ることができれば簡単です。
しかし、実際の家計相談では「共働きでもお金が足りない」というケースが多く見られます。

今回のご相談者さんも「働いているのにお金が足りない」と悩んでいるご様子です。
このような場合は、以下の2点について確認してみましょう。

「本当に支出を減らすことができないのか考える」

「本当に収入を増やすことができないのか考える」

以下、詳しく解説していきます。

支出は本当に減らすことができないの?

本当に支出を減らすことができないのか考える

まず、お金が足りないと感じる時に考えてほしいのは「本当に支出を減らすことができないのか考える」ことです。

実際の家計相談でも、多くの人が「あれもこれも必要だからこれ以上削ることができない」と答えます。

しかし、本当にこれ以上支出を削ることができないのか、今一度見直してみましょう。

「子どものためだから」などと、聖域を作らず、丁寧に支出を見直しましょう。

stock.adobe.com

相談者さんも「塾はやめられない」と考えていらっしゃるご様子ですが、塾の費用などは塾によって大きく差がでるものです。塾の費用で生活にも困るようなら、転塾することを視野に入れるという方法もひとつ考えられます。どうしても生活に困るようなら、比較的安価な通信制を選択するという方法もあります。

お子さんの将来を考えると、できるだけお子さんの費用は削りたくないものですが、生活が苦しいようでしたらやむを得ません。

お子さんの年齢から考えると、下のお子さんが大学を卒業するまでに8年ほどかかると見込まれますので、借金をして教育費を工面する時期としては早すぎます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ