無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10分で一品完成!意外な「アレ」で味付ける絶品副菜レシピ特集

食卓にあと一品加えたいというときに役立つ、とっておきのレシピをご紹介します。どれも使うのは野菜ひとつで、たった10分以内でできるもの。ポイントは調味料に「おかか」または「いわし」のふりかけを使うこと。定番料理がいつもと違う味に変身する、とっておきのレシピです。

レシピ

包丁いらずで簡単。「混ぜ込みおかかきゅうり」

最初にご紹介するのは、きゅうりとおかかのふりかけを混ぜるだけの「混ぜ込みおかかきゅうり」。きゅうりは包丁で切らずに、たたいてひと口大にするので味が染み込みやすく、洗い物も少なく済んで一石二鳥。かつおの風味が効いたシンプルな味わいは、おつまみにもぴったり。ちぎったキャベツやカットした大根・にんじんなどでもおいしく作れます。

<材料>2人前

きゅうり … 3本

おかかのふりかけ … 大さじ1

<作り方>

1. きゅうりをビニール袋に入れ、めん棒でたたいてひと口大にし、おかかのふりかけを加えます。

2. 軽くもんで全体がなじんだら、器に盛り付けてください。

コクが加わる「混ぜ込みじゃがバター」

続いては、「混ぜ込みじゃがバター」。加熱したじゃがいもにバターを合わせるのが定番ですが、いわしのふりかけをまぶすとじゃがいもの甘みが引き立ち、また違った味わいに。ふりかけだけならコクがありつつもさっぱり、バターも乗せれば濃厚に。お好きな食べ方で楽しんでください。

<材料>2人前

じゃがいも … 2個

いわしのふりかけ … 大さじ2

バター … 大さじ1(お好みで)

<作り方>

1. じゃがいもを洗い、皮つきのままラップをかけて電子レンジ(600W)で1個につき約3分、やわらかくなるまで加熱します。

2. 皮をむいて、いわしのふりかけをかけて完成です。お好みでバターをのせてどうぞ。

和風の味わいが新鮮!「混ぜ込みフライドポテト」

最後は「混ぜ込みフライドポテト」。揚げ物は衣をつけない素揚げなら、時間も手間も掛かりません。味付けには塩ではなくおかかのふりかけを使えば、フライドポテトが和風に変身。おかかでより香ばしくなり、旨みも加わってお酒やご飯がすすむ一品に。お弁当のおかずにも合いますよ。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む