無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人の美人アイメイク|40代におすすめの最強パレットとトレンドカラーは?

メイク

【40代アイメークのポイント2】まぶたのタイプや悩み別のコツは?

二重、一重、奥二重と目の形やまぶたの厚みも人それぞれ違うもの。そのタイプによって悩みも違ってきます。自分のまぶたの形に合わせ、目の形を活かしたポイントをご紹介していきます。

●派手になりがちな<二重さん>は?

\使ったのはこちら/

サンククルール クチュール689 <ミッツァ>¥8,360(パルファン・クリスチャン・ディオール)
肌にしっとりと吸い付くようなテクスチャーがもたらすスムースなフィット感で、高発色&高密着を叶えるパウダーアイシャドウ。アンバー、ブロンズ、コッパーなどのブラウンの美しいグラデーションが目元をエレガントに彩る。

左上の明るいベージュを二重ラインをカモフラージュするようにのせる。二重の線が薄く見えると同時に、きちんと発色させても派手顔にならず上品に。

締め色となる右下のブラウンをチップにとり、黒目の上にのせる。黒目の上に入れることで自然に溶け込み、やさしいニュアンスが生まれる。派手になりがちな二重の目元が上品に。

やりがちなのが、まつ毛のガッツリ上げ。根元をグッと上げつつも、毛先が直角になるようなまつ毛はNG。ホットビューラーで根元から毛先に向かい自然なカーブになるように。

●さみしくなりがちな<一重さん>は?

\使ったのはこちら/

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ